マリアちゃんの暗号★解読方法★

f:id:hayama0-0:20210122213651j:plain

※この記事は今後も加筆を繰り返す可能性があります

 

「マリアちゃんをさがせ! 95巻」に登場した暗号。

今回はこの暗号が意味するものを考察して綴っています。

ただ私は「現時点でこのように考えている」という感じなので今後考えが変わる可能性は十分あり得ます。

この記事はほとんど完成していたのでもっと前にUPする予定でしたが公式スピンオフ作品の「警察学校編」が実はこの暗号と関わりがありそうな気配を察知し、「警察学校編」の物語の完結を見届けてからのUPとなりました。

また更新の面倒くささ+何気なく作品を読み返している最中に気付いた細かな伏線等を書き足していくうちにこのタイミングでのUPになりました(笑)。

後述の通り「警察学校編」はマリアちゃんの暗号と関わりがありそうというのが私の考えです。

■マリアちゃんの暗号とは

ボスの正体が烏丸蓮耶である事が判明したのが「マリアちゃんをさがせ! 95巻」。

このエピソードに登場する暗号はボスの正体やRUM編を考察する上で非常に重要な役割を果たしている可能性があります。

コナン達のクラスの転校生である東尾マリアちゃんが学校に登校しなかった。

コナンを除く少年探偵団の4人はマリアちゃん家の向かいにあるマリアちゃんの祖父母の家に行く。

そこにはマリアちゃんのお祖母ちゃんがマリアちゃんに残した暗号があった。

暗号を解読する度に次々と矢印が出現し、それを辿るとマリアちゃんのいるゴールまでたどり着けるようになっていた。

【暗号は次の通り】

1・女の子は身だしなみが肝心!寝グセはチェックしたかな?

2・整理整頓ヨロシクね!

3・夜中のおトイレもこれで安心ね

4・バードちゃんのお世話をしてね

➡最後に地下室にたどり着く

 

■暗号が示すのはRUM編の主要キャスト

この暗号はそれぞれRUM編の主要キャストを当てはめるのではないかと思ってます。

◆「身だしなみ」は羽田浩司

「身だしなみ」の暗号は羽田ではないかと思います。

棋士なら身だしなみにも気を使っていただろう」という灰原の台詞からこの暗号は事件当日身だしなみを整える為に手鏡を使用した(しようとしていた)羽田が該当。

 

◆「整理整頓」は烏丸蓮耶

「整理整頓」、これはボスの烏丸。

羽田浩司が残したダイイングメッセージは鏡がバラバラになっていました。

それを羽田の意図する通り整理整頓すると出現するのが烏丸の名前です。

 

◆「夜のトイレ」は脇田兼則

脇田はトイレとセットで描かれているキャラクターです。

初登場回はスリの被害者のポーチがトイレに置かれている。

「長野廃教会」ではトイレで事件が発生。

「屋根裏密室事件」では小五郎がトイレに籠りっぱなし。

またトイレはW.C。これは脇田のイニシャルと絡めているのではないかと思います。

長野の事件ではW.Cが強調されている印象がありますし、脇田を意識したと考えられる容疑者の男性が登場する「牧場監禁事件」でもトイレの表記がW.Cでした。

 

◆「バードちゃんのお世話」は黒田兵衛

これは正直消去法ですね。

現時点ではここに該当するのは黒田しかいない感じなので。

ですが後述の通り脇田もここに該当すると考えています。

 

◆地下室は若狭留美

マリアちゃんが眠っていた地下室が示す人物は若狭です。

若狭は「新任教師の骸骨事件」、「牧場監禁事件」と地下に縁のある女性。

また若狭の登場前の「仲の悪いガールズバンド」に登場する若狭を連想させる眼鏡をかけた留海という女性は地下で犯行に及んでいます。

 

またマリアちゃんは地下室でずっと眠っていた事にも注目。

若狭のメイン回には必ず「眠る人物」が登場します。

「地下」と「眠り」から地下室で眠っていたマリアちゃんは若狭に当てはめる事が出来そう。

 

また若狭のメイン回では「眠る人物」とは別に「気絶する人物」が登場する事にお気付きでしょうか。

この2つのキーワードから17年前の羽田の事件当日の彼女の行動を考察しています。

若狭に関する詳しい考察は後述。

 

■暗号に当てはまる事件とは

暗号はそれぞれRUM編の主要キャストに当てはめる事が出来ると同時に作中の事件を表しているとも言えそうです。

 

◆「整理整頓」は「ブログ女優の密室事件」

「整理整頓」は烏丸蓮耶に当てはめる事が出来ると同時にこの暗号を意識したと考えられる事件があります。それが「ブログ女優の密室事件」。

この事件は几帳面な性格の被害者が本棚の漫画の順番をめちゃくちゃに並べる事で暗号を生み出しています。

羽田が手鏡をバラバラにし、彼の意図する通り整理整頓して真のダイイングメッセージ「烏丸」を出現させた事が重なります。

また犯人が宿泊していた部屋番号は504号室。烏丸蓮耶の語呂合わせで烏丸がボスだと明かされた1008話のちょうど半分です。

 

52巻の「ひっくり返った結末」も当てはまります。

この事件も几帳面な被害者の部屋が犯人の手でメチャクチャにされ、少年探偵団が本を順番通りに並べようとしている。

犯人が宿泊したのはやはり1008のちょうど半分の504号室。作者はかなり早い段階から羽田のダイイングメッセージのトリックを考案していたのではないでしょうか。

また「メチャクチャ」と「整理整頓」は真逆。

マリアちゃんの暗号では整理整頓するのは82巻まで出ている漫画。

82巻をひっくり返すと28巻。

28巻は烏丸の別の名前とされる大黒連太郎の名前が登場するので烏丸蓮耶=大黒連太郎という伏線かもしれません。

 

◆「夜のトイレ」は「謎解きは喫茶ポアロで」

「夜のトイレ」は脇田を表した暗号でこの暗号に当てはまる事件が「謎解きは喫茶ポアロで」。

「謎解きは喫茶ポアロで」は暗闇のポアロのトイレから出てきた男性が事件を起こしています。

犯人は事前にポアロの店内の机や椅子の配置を再現し暗闇でも実行できるよう訓練していました。

マリアちゃんの暗号は地震でメチャクチャになった部屋のインテリアをきれいに配置する事で暗号が解けるようになっていました。

夜のトイレと暗闇のトイレ、店内の内装通りの配置とインテリアを元通りに配置。これが合致している。

 

夜や暗闇、そしてトイレがセットの事件が脇田を考察するヒントではないでしょうか。

そういう意味で怪しいなと感じるのが「怪盗キッドの絡繰箱」。

このエピソードの中でキッドは身長を小柄に演出していますがそれをコナンに指摘されたのがトイレ。そしてトイレを暗闇にする事でその場から姿を消しています。

このブログで何度も指摘していますが脇田は身長を誤魔化していますから脇田の身長詐称の伏線なのかもしれません。

また「姉妹バースデー事件」では容疑者となった少女が暗闇の中でなぜかトイレに行こうとしたと語っています。

この事件は犯人は利き手とは逆の手で被害者の額に「天罰」の文字を書くのですが恐らく「利き手とは逆の手」は伏線

冒頭で登場人物が利き手と逆の手で包丁を握っています。さらに油性マジックが鍵となった事件ですが世良は掌に油性マジックで渦巻きを書いていました。

これは渦巻きの書き方で利き手が分かるという84巻のエピソードを匂わせているもの。

「利き手とは逆の手」がRUM編の重要なワードという暗示だと思います。

そして脇田は利き手が不明の人物です。

▼記事はこちら

「姉妹バースデー事件」が脇田の人物像を紐解く役割を果たしている事件なら本来脇田は左利きなのかもしれませんね。

あと深読みかもしれませんが登場人物の誕生日が2月16日なのが気になりました。

この2倍の数字が432、FILE432は作中の重要なキーワードである「銀の弾丸(シルバー・ブレット)」が初めて大々的に取り上げられています。

脇田の素顔が銀の弾丸という伏線なのでしょうか。

ただ「姉妹バースデー事件」はうろ覚えですが登場人物は実在の方がモデルになっていたと思います。

本当にその方の誕生日というだけで数字には何も意味がない可能性は十分あり得ますね(笑)。

 

◆「バードちゃんのお世話」は「牧場監禁事件」

「バードちゃんのお世話」に該当するのは「牧場監禁事件」。

この事件は「バードちゃん」の暗号を強く意識して作られたものとなっています。

以下、マリアちゃんの暗号を「バード」、「牧場監禁事件」を「牧場」とします。

◆お世話

「バード」で少年探偵団が鳥のおもちゃの世話をする

「牧場」ではお世話をする為のニワトリを見つけられず

◆何もない…

「バード」は矢印をたどると何もないシャワー室

「牧場」は矢印をたどるとニワトリのいない養鶏場

◆地下室で眠る人物

「バード」は地下室で眠り続けるマリアちゃんを発見

「牧場」では地下室でベッドで眠るように亡くなっていた男性の遺体を発見

◆光

「バード」では光の屈折がキーワード

「牧場」では部屋を照らす明かりとブラックライトの2つの光を生み出す

 

全体的にマリアちゃんの暗号を意識しているのは間違いないでしょう。

先述のように「バードちゃん」を黒田としたのは消去法に過ぎません。

ただ「牧場監禁事件」の白髪に白いひげを蓄えた犯人が実は変装していてその正体は黒髪の男性だったというのは黒田の外見が黒髪から白髪に突然変貌した話を思い起こさせます。

ちなみに容疑者の中でこの男性だけ懐中電灯の持ち方が警察官のものではなかったので黒田の素顔は公安ではないという伏線になっている可能性が高いと考えています。

私が「バードちゃんのお世話」を黒田と断言できないのは「牧場監禁事件」と黒田の共通点をさほど見出せないというのが大きいです。

 

暗号はそれぞれ該当する人物と事件を照合する事でその人物の正体に迫れるようになっているのかと思います。

 

例えば推測通り整理整頓が烏丸ならぐちゃぐちゃになっている場所を整理整頓する事件が烏丸に繋がるヒントになるとか、夜のトイレが脇田なら暗闇とトイレがセットで発生した事件に脇田の正体を紐解くヒントがあるとかそういった具合ですね。

暗号の矢印にも意味があるのならこれは羽田事件の現場への到着の順番なのでしょうか。

 

■若狭は事件当日クローゼットで眠っていた?

若狭は地下と結びついていると考えられる人物です。

他にも若狭は眠りというワードが伏線となっています。

そしてもう1つ若狭を語る上で重要と考えられるキーワードが「気絶」です。

ここで若狭と「眠り」、「気絶」について振り返りましょう。

 

◆若狭と「眠り」「気絶」の伏線

登場前

●留海という犯人が被害者を睡眠薬で眠らせて犯行に及ぶ(ガールズバンド事件)

●和香、留海という女性が登場する事件で和香は妙なところで眠る癖があるという設定。

この事件では蘭が気絶(眠らされたとも取れる描写)している(バスルーム事件)

 

初登場

【眠り】

強盗犯のボスの遺体が10年間そのままだったのは眠り続けていたと取れる描写

【気絶】

1つ前のアガサ博士が気絶させられていたエピソードが語られる

白鳥警部が犯人から襲撃され気絶

若狭が犯人3人をまとめて気絶させる

 

2度目のメイン回

【眠り】

元太が若狭の家で疲れて眠ってしまう

【気絶】

犯人が自分は被害者で何者かに気絶させられていたと主張

最後は犯人が若狭から攻撃され気絶

 

3度目のメイン回

【眠り】

被害者がテントの中で眠る

黒田が「自分はウトウトしていた」と発言

若狭はこの事を(あなたは)「寝てしまった」と発言

【気絶】

犯人に捕らえられた歩美ちゃんがショックで気絶

 

4度目のメイン回

【眠り】

犯人が女性に睡眠薬入りのワインを飲ませクローゼットに閉じ込める

※この回は気絶の描写は無し

 

5度目のメイン回

【眠り】

歩美ちゃんが眠らされる

被害者が自殺後発見した弟によってベッドに眠るように寝かされる

【気絶】

風見が不意を衝かれ気絶させられる

安室が若狭の攻撃で気絶させられる

 

「眠り」と「気絶」が若狭の過去を紐解くキーワードになっているはずです。 

ここで私が導き出した1つの答えが17年前の羽田の事件当日、若狭はクローゼット眠らされていたのではないかというものです。

 

なぜクローゼットなのか。

若狭のメイン回である「山菜採り」では女性がクローゼットの中で眠らされていました。

更に和香、留海が登場した「蘭も倒れたバスルーム」では被害者の和香は過去にクローゼットの中で眠ってしまった事が語られています。

この事件は登場人物の名前が後に登場する若狭留美の名前をあからさまに彷彿とさせるものであり尚且つ遺体が片目を閉じている、片目の視力に問題のある犯人、マスカラの単語の登場など羽田事件の伏線になっている事件のはず。

ここでクローゼットで眠った過去のある被害者の登場。

若狭はクローゼットと関わりがある人物なのかもしれない。

そう考えて作品を読み直すとヒントになりそうなものを発見しました。それが「堆黒盆」。

この事件も遺体が片目を閉じていたり、犯人が被害者を一撃で仕留められなかった事、容疑者3人の容姿がRUM候補3人と重なる事等羽田の事件を匂わせています。

「堆黒盆」で犯人は被害者を攻撃した後、一度和箪笥の中に身を潜め、人が去ってから再び攻撃し被害者を絶命させています。

これは羽田事件当日クローゼットに身を潜めていた人物がいたという伏線かもしれません。

 

若狭を取り巻く「眠り」「気絶」「クローゼット」の単語から彼女は羽田事件の当日眠らされた、あるいは気絶させられた後クローゼットに閉じ込められていたのではないでしょうか。

 

ここで冒頭に記載した「警察学校編」に視点を移します。

この物語の1話目でスコッチことヒロ(諸伏景光)は両親が殺害された際クローゼットの中にいた事が判明。

「若狭は事件当日クローゼットの中で眠らされていたか気絶させられていた」

私の考察が正しければヒロもクローゼットの中で眠っていた、あるいはそれに近い描写があるのではないか。

そこでこの記事の仕上げは真相が明かされるヒロ編を読み終えてからにしようと思いました。

そしてヒロ編で彼は事件当日クローゼットの中で眠っていたという過去が明かされました。

これに関しては読み通りだったので若狭が事件当日クローゼットの中で眠っていた可能性は私の中で高まった感じです。

 

こじつけっぽい話を付け加えると若狭の羽田の回想も気になる点。

まず「遠見の角に好手ありってね」の羽田は角の駒を右手に正面を見ています。

この駒は現在若狭が所有していること、若狭の回想で正面を見ている事から羽田が若狭に向けて語っていると考えられます。

ですが次の「それでも僕を殺すと言うんですか?」は若狭の方を向いていないとも受け取れる描写。

またこの2つの羽田の台詞は前者と後者で敬語のありなしという差があります。

これは前者の話の相手は若狭だが後者は羽田と別の人物の会話という伏線かも。

彼女は事件当日クローゼットで身動きが取れない状態(眠らされており意識が不鮮明等)の中で羽田とある人物の会話を目撃していたのかもしれない。

後者の敬語の羽田の角度が少々ローアングルなのは若狭がクローゼットの中から羽田を見上げる形になっていたからかもしれません。

 

若狭は羽田に何かしらの特別な感情を持っていたはず。

羽田の「私を殺すと言うのか」という問いかけは若狭本人に向けてではなかったとすると納得できるものがあります。

彼女は事件当日クローゼットの中で羽田とRUMの会話を聞いていたのかも。

 

「牧場監禁事件」で不意打ちとは言え若狭が安室を攻撃し意識を失わせた描写は当初若狭の身体能力の高さと意地でも駒を取り戻したいという彼女の意思を誇張する作者の狙いがあったと考えていましたがそうではない。

作者は若狭と「気絶」のワードを繋げるために安室を気絶させたわけです

彼は損な役回りを与えられてしまいましたね(笑)。

一方少々気になるのが「眠り」と「気絶」を同時に描いている事です。

若狭が当日気絶させられそのまま意識を失ったのなら気絶する人物を描くだけで十分な気がします。

事件当日気絶した人物と眠っていた人物両方が存在していたという考え方も出来るかもしれません。 

考察通り若狭が事件当日気絶させられていた、眠らされていたのなら羽田事件の実行犯という可能性は無くなります。ただしアマンダを殺害した後気絶させられたという事は考えられます。

作者は17年前の事件はRUMの犯行ではないと解釈が可能な発言をしているので実行犯が若狭以外だから若狭≠RUMとは断言できない。

考察通り事件当日眠らされていたとしても若狭のRUM説否定の根拠としては弱いと感じます。

■黒田と脇田は「バードちゃん」のボディガードだったのか

私が考えている考察の1つに黒田と脇田は事件当日同じ任務に就いていたのではないかというのがあります。

「バードちゃんのお世話」の暗号が黒田を表しているものだとします。

 

コナン達がRUMの名前にたどり着いた「17年前と同じ現場」では「体格のいい2人のボディガード」のワードが登場します。

そして49巻には「自衛隊上がりの2人の巨漢のボディガード」というワードが登場。

48巻~49巻で組織は選挙に出馬する人物の暗殺を計画していましたが作者が途中で話のミスに気付き標的となる人物を変更しています。

当初組織に狙われるはずだった人物は資産家の御曹司で人気俳優の男性でした。

これは大金持ちの御曹司で将棋の棋士として有名人だった羽田と重なります。

組織から命を狙われた理由がイマイチ判然としないのも共通しています。

この事件は羽田事件を紐解くヒントになっている可能性がありそう。

 

この2つの事件に登場する「大柄な2人のボディガード」は伏線ではないかと思います。

黒田は大男とされているのでこれに合致。

また「バードちゃん」の暗号を解いた場所がトイレ=W.Cである事にも注目。

「バードちゃんのお世話」の暗号は黒田と脇田の2人を暗示していそう。

脇田は身長を低く偽っていますからメタボ体系も変装という事は十分あるはず。

彼は黒田同様本来は体格のいい人物の可能性はそれなりに濃厚です。

 

羽田の事件当日、黒田も脇田も「バードちゃん」のボディガード(お世話係)の役目を担っていたのかなと思います。

そしてこの暗号は「バードちゃん」をどう解釈するかが考察する上で重要ではないでしょうか。

1つは「バードちゃん」を烏丸とする考え。もう1つは羽田とする考え。

 

▼「バードちゃん」=烏丸の場合

「バードちゃんのお世話」の暗号に当てはまる人物が黒田と脇田で「バードちゃん」が烏丸なら烏丸をお世話する立場の黒田と脇田はどちらかがRUM、どちらかがRUMの影武者等が考えられそう。

 

▼「バードちゃん」=羽田の場合

羽田の名前、そしてダイイングメッセージに使用された手鏡のまつげが天使の翼のように描かれてるのは羽田=「バードちゃん」の示唆なのかもしれません。

この場合黒田と脇田は事件当日羽田のボディーガード等を務め彼の身の回りの世話を行っていたのかも。

羽田は大変裕福な家柄なのでアマンダが浅香を帯同させていた様に彼にも似たような存在がいた。その人物こそ黒田と脇田かもしれません。

 

また2人のお世話係の伏線を密かに暗示していそうな事件がやはり「堆黒盆」。

この事件の被害者の家には家政婦が2人雇われていますが沖矢とアガサ博士の台詞によってなぜかこの2人の家政婦の存在が強調されているんですよね。

やはり事件当日お世話係なるものを任されていた人物が2人いそうです。

もちろんアマンダのボディガードの浅香を含めて2人いたという考え方も可能かと思います。

 

RUM候補3人のうち2人は体格が良い人物で「バードちゃん」のお世話をしていた。

この線で行くと若狭は身体能力こそ秀でていますが体格がいいとは言えません。

黒田と脇田は「バードちゃんのお世話」をしていて若狭はアマンダのボディガード、つまり浅香なのかなと。

3人とも事件当日ボディガード等身の回りの世話をする任務に就いていたというのが現時点の推測です。

当たっていればRUM候補3人は顔見知りの間柄という事になります。

灰原の口からRUMのヒントが義眼である事が語られた事件では組織内で噂されていたRUMの容姿に合致する3人の容疑者が登場します。

被害者を含めこの3人は知り合いだったという事件ですがこれは羽田、そしてRUM候補を含めた4人はある程度互いを知っている間柄という伏線かも。

 

■黒田と脇田は同一人物なのか

私は黒田は2人存在しそのうちの1人が脇田、つまり黒田と脇田は同一人物ではないかという記事を複数UPしています。

本当に「バードちゃんのお世話」の暗号に該当する人物が黒田と脇田の2人を示唆しているのならやはりこの2人は同一人物なのかもしれません。

先述の「牧場監禁事件」には黒田を意識したキャラクターが登場していますが同時にメタボ体系で両利き、元ボクサーというキャラクターにも注目。

脇田は変装かもしれませんが現在メタボ体系、両利きの伏線が張られている人物です。また彼のモデルとされているのがボクシング漫画「あしたのジョー」の丹下段平である事を踏まえるとこのキャラクターは脇田を意識して作られているはず。

黒田と脇田を意識したキャラクターが2人同時に登場しているのは興味深い点です。

またRUM候補3人の容姿を意識したキャラクターが登場する事件と言えば「裏切りのステージ」と「堆黒盆」。

この2つの事件にも黒田と脇田は同一人物と考えられる細かな伏線が張られています。

まず「裏切りのステージ」。この事件で黒田に該当するキャラクターが布施という人物。そして「堆黒盆」で黒田に該当するのが遠島です。

黒田を模した布施と遠島の2人はある共通点があります。

布施「私は今朝からお腹を壊し気味でここのトイレに籠っていただけだと…」

遠島「一度トイレに行ったら家が広くて迷ってしまい…」

事件当時のアリバイがトイレに行っていたという事なんです。

ここで記している通りトイレは脇田を暗示しているワード。

多くの読者が黒田と脇田は敵対する関係と考察していますが作者は黒田と脇田をセットで描いているんです。

脇田の身長詐称は大柄な黒田としても生活している事を隠す為とするとしっくりきます。

RUM編で長身かつ重要キャラと言えば黒田か伊織くらいです。

 

また脇田のメイン回では登場人物がペアで行動する、ペアを完成させるゲームであるババ抜きがエピソードに取り入れられる等ペアというワードが立て続けに登場。

脇田を暗示するワードがペアである事は間違いありません。

脇田は黒田と2人1組のペアで黒田兵衛を演じているというヒントではないかと考えています。

少なくとも黒田と脇田は敵であっても連絡が取りあえる等近しい間柄なのだと思います。

 

また先述の脇田の利き手に話を戻しますが彼が左手をよく使う人物なのは間違いありません。

本当に利き手が左なら脇田はそれを隠している事になります。

彼の正体が慎重な性格のRUMであってもコナン達の前で利き手を隠す理由が分かりません。彼は初登場時、眼帯を外そうとした。つまり脇田=RUMなら小五郎達がRUMである自分にどのように反応するかを確認しているんですよね。

その大胆不敵な行動を取る人物が利き手を偽るというのが釈然としません。

慎重派なら利き手を隠すより隻眼の話題を避けたがるはずなので。

ですが何らかの事情により脇田が黒田の役割を兼任しているのなら本来左利きの脇田が右利きの黒田の役を演じているうちに右利きが移った等の説明ができます。

実際に脇田は初登場眼帯が右にあると勘違いをしています。

これも彼が右目が塞がった黒田を演じている伏線とすれば納得できるんです。

 

私は脇田はRUMではなくRUMの影武者と考えています。 

若狭は体に無数の傷跡がありますが傷跡は左半身に集中しているので攻撃したのは右利きの人物。彼女を負傷させたのがRUMならRUMは右利きの人物でしょう。

RUMは隻眼で右利き。RUMの影武者として暗躍している脇田はRUMに成り済ます為に右利きを演じているのではないでしょうか。黒田=RUMかどうかはさておき脇田の利き手の作画があやふやなのは右利きの別人として二重生活を送っているから。この可能性はありそうだなと思います。

身長を低く演出している事、右目が塞がっていると勘違いした事、ペアの伏線、黒田を模した人物とトイレの結び付き、不明瞭な利き手…。

どれも脇田の正体は黒田とするとピタリとピースが当てはまる感じです。

 

■警察学校編に伏線か

警察学校編で明かされたヒロの過去は若狭の歩んできた道とリンクしているのかもしれません。

この項目ではヒロの過去から若狭、及びRUM編を深読みしたいと思います。

私が過去を語ろうとするヒロに関して妙な印象を受けたのは事件現場の様子を「鉄の匂いが立ち籠める」と繰り返し表現した事。

これについては萩原が一体何の事かと尋ね、降谷は「鉄の匂い」とは「血の匂い」である事をヒロに代わり詳しく説明しています。

ここはストレートに「血の匂い」でよかったと思います。

「鉄の匂い」が犯人は外守でなく金物屋の人物というミスリードならバイク店の店員も疑われる流れを作るべきですがそれはありませんでした。

犯人のヒントはタトゥのある人物。外守という名前を分解するとタトウになりますし作中の刺青のルビはタトゥーでなくタトウー。犯人のフルネームを外守一としたのもタトウーに合わせているからでしょう。

つまり外守の名前そのものが彼が犯人だという伏線となっているので今更ミスリードの必要が無いんです。

ここで若狭と「血の匂い」についての深読み。

彼女は「山菜採り」で血の匂いから羽田の遺体を回想しています。

ですが「血の匂い」と似ている「鉄の匂い」と若狭が結び付いている可能性も。

若狭は体中に刃物が原因と考えられる傷跡がいくつも確認できます。

つまり彼女は刃物の匂いである「鉄の匂い」を知っている人物。そして若狭を負傷させたのはRUMである可能性が高そうです。

以前記事にしましたがRM編は日本刀が伏線になっていると思います。

ヒロがクローゼットの中で血の匂いを鉄の匂いと感じたのなら若狭も閉じ込められていたクローゼットの中で羽田の血の匂いとRUMの所有する刃物の匂いを重ねていたのかもしれません。

▼RUM編と日本刀の関連性はこちら

また気になっているのがヒロの幼馴染で彼の両親の事件のきっかけになった少女の名前が有里である事。

ボスの正体が判明した次のエピソード「迷宮カクテル」は過去にも記しましたがRUM編の伏線になっている可能性が高いと考えています。

この事件は父親の有里という娘への愛情の深さが事件に繋がってしまいました。

ヒロの事件も有里という娘を持つ父親の愛情の強さが事件を招いています。

同じ名前にした事に何か意味があるかもしれません。

 

作者はヒロの事件は本編には繋がらないと明言しています。

ヒロ編と若狭の繋がりに関しては考察というよりも深読みといった感じですがヒロがクローゼットの中で眠っていた事に関しては予想通り。

ヒロ編にはRUM編を紐解く意外なヒントが散りばめられているのかもしれません。

登場人物がやたらウィンクしているのも私としては少々気になりました。

 

 

マリアちゃんの暗号が収録されているのは95巻ですがそれ以前もそれ以降もこの暗号を解読するヒントとなる事件が発生しているというのが私の考えです。

以前少し記事で触れましたがマリアちゃんの暗号を意識した事件は最近も起こっています。

つまり今後も暗号を意識した事件は発生しそう。

 

今のところ暗号はここに記した解読方法で合っているのかなとは思いますがまだまだ羽田事件の全貌を明らかにするには程遠い感じですね。

恐らくここに記した事件以外にも暗号に該当する事件はあるでしょうし何か気づき次第加筆していく予定です。

マリアちゃんの暗号についてはもっと考察するべきとも感じますし同時に暗号をベースにした事件が今後も続くなら事件内容と暗号の接点を丁寧に拾い上げるという地道な作業を繰り返す事でRUM候補3人の正体や彼らの事件当日の行動などが明るみになる仕組みなのかもしれません。

 

マリアちゃんの暗号については他にも記載したいのですが長くなるのでまたPart2といった感じで記事にしようと思っています。

RUMの正体判明&RUM=脇田否定の描写

f:id:hayama0-0:20201219215211j:plain

RUMの正体は58巻に登場した老人でありその正体は脇田兼則という流れでした。

かなりの急展開でしたね。

ですが私としてはRUM=脇田とすると腑に落ちない事だらけというのが正直な感想です。

そしてこのエピソードの中には脇田は両目共に見えていると受け取れる描写もありました。

RUM=脇田とは明言されていないのでRUM=脇田の方程式の矛盾点を中心に綴ります。

明かされたRUMの正体

RUMの正体は58巻に登場した倉庫にやって来た老人でした。

赤井が組織を離脱するきっかけを作った優秀な人物である事、No.2に相応しい年齢である事を踏まえるとこの老人=RUMは合点がいきます。

作者の「RUMは既に登場している」というヒントにも合致。

さらにRUMの人物像として語られていた「屈強な大男」「女のような男」「年老いた老人」はそれぞれこの時倉庫にいたキャメル、赤井、RUMを指していたという指摘を見ましたが納得ですね。

 

RUM=脇田の矛盾

1066話「RUM」で「RUMの正体は脇田」で話が終わっていますが彼がRUMと考える事のできる描写があるだけで彼の正体についての明言はありません。

キャメルが入手しコナン陣営に渡ったRUMのヒントは「顔を変えている」「ふざけた名前」を名乗っている事でしたが脇田の横の煽り文は「ふざけた名前の男」という説明止まりで公式は彼をRUMとは紹介していません。

彼の正体をRUMとすると以下の通り疑問が多いのが現状です。

 

◆脇田は顔を変えていない

RUMは顔を変えているという事でしたが脇田はカツラに付け髭等ちょっとした変装程度。これでは「顔を変えた」というレベルのものではありません。

組織の人間に顔を合わせず声も変えるほど用心深い人物の変装としては奇妙と言えます。

 

◆身長を偽る謎

脇田は足腰を曲げていますがこれは意図的なもので実際はある程度身長の高い人物です。

脇田は足腰を曲げる事で身長を低く見せているわけですがこれは倉庫にいた老人の外見に近付ける行為。

老人から遠ざかる為に簡単な変装を施していながら身長は老人に近付けるというのは大きな矛盾です。

私の推測ですが脇田は現在の老人の時点で既に変装しているのではないでしょうか。

彼の素顔は全くの別人だけど何らかの理由があって58巻の老人に寄せている。

その為身長も詐称している。

既に変装済みなのでカツラ程度の事しかできないのかもしれません。

仮に脇田が倉庫の老人に自分を似せている場合彼はRUMの影武者の可能性が高まります。

 

◆一致しない性格

RUMは極めて慎重な性格です。

一方脇田は小五郎の前で眼帯を外そうとしました。脇田=RUMならこれは小五郎がRUMである自分への反応を観察する狙いがあっての事。慎重な性格のRUMとしては冒険のし過ぎです。

安室に宛てたメールも同様ですね。

RUMと名乗り文末では自分が現在名乗っている名前のヒントを記すのも慎重なRUMとしては納得がいきません。

また一貫して丁寧な口調のRUMがメールのみ口調が異なるのも不可思議な点です。

 

◆RUMの正体判明のタイミング

RUM=脇田とするとこのタイミングで正体を明かす理由が判然としません。

RUMは「顔を変えている」「ふざけた名前」という重要なヒントが読者に与えられた直後に正体判明という流れは奇妙ですね。

このヒントから正体を推測してねという意味と捉えるのが普通です。

今回のシリーズでRUMが声のみとは言え初登場、それと同時にあっさり正体を明かすというのはいかがなものかと思います。

 

また久々の登場となったキールの存在からもこのタイミングの異様さを垣間見る事が出来ます。

RUM=脇田であるならこれからの物語はコナン達が脇田がRUMだと見破るまでの展開に読者が面白さを見出していくことになります。

ですがキールの存在を考えればコナン達がRUM=脇田にたどり着くのは非常に容易な状況と言えるんです。

 

というのもRUMに繋がる重要なヒントである2年前、倉庫、赤井とキャメルがFBIという情報はコルンからキールに渡っています。

そしてこのシリーズで彼女は赤井と直接電話で連絡を取っている。

現在のキールが完全に自由の身とは言えないかもしれませんがコルンの情報に彼女が大きく反応している事を考えればRUMに関する情報は赤井に渡る可能性が極めて高いはず。

この情報から赤井は組織離脱のきっかけを作った老人の存在を思い出すでしょうしこの人物は脇田と外見が似ているわけです。

またコナンは安室から「RUMはせっかち」という情報を手に入れてますからここから「ふざけた名前」にたどり着けます。

キールの情報を入手すればRUM=脇田にたどり着くのはあまりにも簡単な道のり。

 

とどのつまりRUM=脇田であれば真相にたどり着くにはキールの情報で事足りるわけですね。

これでは主人公は活躍の場がないと思われても仕方がない。

作者はRUM編の構想を早くから練っていました。

この物語を主人公の推理力をろくに使わず終わらせる事は考え難いというのが私の意見です。

赤井「まさかボウズとはな…」 

赤井がこの言葉を発したのも伏線かもしれません。

今回コナン陣営はRUMに関する大きな手掛かりを入手しています。これは大収穫と言えるもの。

ですがボウズ=目的の魚が釣れないという意味ですからこの言葉を言わせたのはやはりRUM≠脇田という伏線の可能性も。

 

シルエットの人物はRUMではない

作中、スマホで会話をするシルエットのみのRUMと思しき人物が登場しますがこの人物はRUMではないと考えています。

「私としては生け捕りにして…色々、聞きたかったんですけどねぇ…」

この会話の直前に組織が話していた2年前の出来事についてRUMがその会話に割って入ったのでこのシルエットの人物=RUMとなりがちですがこれはミスリードの可能性が大きいと思います。

まず話が2年前とは繋がっていません。さらにこのシルエットの人物の話に組織が反応している描写も無いので電話の相手がジン達とは断言できません。

口調もおかしいですね。語尾の「ねぇ…」はRUMが組織内で使用しているものではありません。

おかしいと言えば「生け捕りに」の表現も同様。

RUMは「逃げたFBIを狩れ」と命じていました。確実に仕留めろと語っていたRUMの台詞とは異なります。

また「私としては」にも注目。これはこの人物と異なる考えを持った別人がいたと捉える事が出来ます。

つまりRUMは生け捕りを狙っていたが自分はそうではないという意味ですね。

 

またこの人物がRUMで組織と会話中とすると極めて不自然なのがインカムを装着していない点です。

RUMの予想が次々と的中したのは組織の会話を随時聞ける状態にあったという事。

長時間スマホで対応していたとは思えません。電話の相手はジン達ではないと思います。

 

場面が完全に切り替わっていて電話の相手はジン達以外でスマホなのはインカムを使う作戦が終了したからと考えられなくもないですがそれだと非常に分かりづらい。

この人物=RUMのミスリードと考えた方が適切かと思います。

スリードであるのならやはりRUMには影武者がいると考えるべきです。

メールの口調が異なるのも送信者がRUMの影武者だからと解釈できます。

 

やはりこの人物はRUMではないし、電話の相手はジン達でもないと考えた方が妥当です。

 

シルエットの人物は何者なのか

シルエットの人物がRUMではない事を前提とします。

ではこの人物は誰なのか。

角ばった輪郭も口調も黒田、脇田の両方に通じるものがあります。

この人物は右目が見えているような描かれ方をされています。

RUM候補の中で確実に右目が見えているのは脇田のみ。ですが黒田が変装で右目を義眼のように装っているだけで実際は両目共に見えているという可能性もゼロではないかと。

2人ともこの人物に該当する可能性はあるかと思います。

 

一方若狭は除外できそうです。

彼女は自分の顔とトンチのきいた意味深な名前を報道させています。

変装術を使えるなら意味深な名前よりも黒田と脇田が反応してくれる外見を生み出した方が得策です。つまり彼女は変装術を持っていないと考えられます。

若狭がこの角ばった輪郭の人物に変装していたとは考えにくいですね。

 

この人物はジン達以外と連絡を取っていたと仮定すると会話の相手は誰なのか。

一番考えられるのがこの人物がRUMの影武者で連絡相手がRUMというパターンです。

「今回の件はあの方からお叱りを受けました…少々目立ち過ぎだと…」

「あの方」がこの人物をRUMの影武者と理解した上で説教したという解釈は可能かと思います。

以前私は作中に登場した右利きのジンはジンに変装した脇田ではないかという記事を書きました。

▼記事はこちら

「今回の件」とはRUMの作戦全体でなく右利きのジンがFBIをライフルで銃撃した事を指しているのではないかと考えています。

RUMの作戦は島全体を炎で覆い尽くすというもので「少々目立ち過ぎ」どころではありませんし(笑)。

また「生け捕り」は右利きのジンがFBIの足を撃った事に合致します。

私の中ではこのシルエットの人物がRUMの影武者である脇田でありRUM本人と連絡を取っていたというパターンがしっくりくる感じはします。

ですが次の項目で述べる通り電話の相手はRUM以外の人物という事も想定しています。

 

1コマだけ登場した謎の人物

私が怪しいと疑っているのがシルエットの人物が乗っていた車の助手席の人物です。

スーツを着た肩と耳くらいしか描かれていません。

運転席の外国人らしき男性はアシスタントの作画ですが助手席の人物はおそらく作者が直々に描いたもの。

モブキャラは基本的にアシスタントに描かせる作者がなぜこの人物を描く必要があったのか謎ですね。

 

RUMとされる倉庫の老人については私も以前から注目していました。

ですが赤井を離脱させた有能な人物だからというより数コマの登場なのに作者が描いたキャラだからというのが大きな理由です。

重要なキャラクターは作者が直々に描く。この漫画のルールのようなものですね。

つまりRUMはこの助手席の人物の可能性があるのではないかと思います。

この人物は目が描かれていませんから義眼という事も十分考えられます。

そうなるとシルエットの人物の目の前にRUMがいる事になるわけですからシルエットの電話の相手はRUM以外の人物という事になります。

こうなると電話の相手は特定できませんね。

一応助手席の人物が実は「あの方」という可能性もゼロではないかも。

この助手席の人物は極めて重要なキャラクターである可能性は高いのではないでしょうか。

 

脇田は隻眼ではない可能性

RUMの人物像の情報が混在していたのはRUMの保身の為の情報操作。

その中で揺るぎないものがRUMは義眼であるという情報です。

ですが今回脇田は義眼とされている左目が見えていると考えられる描写がありました

それが脇田が眼帯を装着するコマです。

脇田が眼帯を装着しようとしている様子を助手席の男性が見ている。

その瞬間を脇田の眼球視点で描いています。

このような表現はこの作者の作品には通常見られないものです。つまり伏線の可能性があります。

このコマですが脇田が左目が見えているような演出となっています。

左目が見えているのなら隻眼が絶対条件のRUMではありません。

 

また興味深いのが助手席の男性の存在です。

この時先述の作者が描いた助手席の人物の姿はなくその場所にはアシスタント作画の別の男性が座っています。

脇田、そして助手席の男性が互いを見ている形になっています。

私には助手席の人物と脇田が互いに牽制しているように見えました。

助手席の人物がわざわざ振り返って脇田を見ているのも不自然。

 

まずこの助手席の人物ですがアシスタント作画なので重要キャラとは思えません。

つまりRUMや組織の幹部の可能性は無い。

ですが先程までこの場所に座っていた作者作画の人物に代わって脇田の監視を任されている男性と推測することは可能だと思います。

この時点では完全に朝ですから組織がインカムを使用しなければならない作戦はとっくに終了しています。ですがこの人物はインカムを装着している。

助手席のこの男性はRUMの影武者である脇田の監視役の任務の最中でインカムを通じてRUMに状況の報告が必要だったのではないでしょうか。

こう考えると脇田を監視するような態度もこの時間帯にインカムを装着している事実も納得ができます。

 

以前ベルモットはラムから「組織の脅威になりそうなある人物」の調査を命じられています。

ベルモット曰くその人物は「拍子抜け」「いつでも殺せる」との事。

この人物こそ脇田なのではないでしょうか。

ただの寿司職人にしか見えない脇田とすると納得できます(笑)。

脇田はRUMの影武者でありながらRUMに疑いの目を向けられるような事をしてしまい現在極めて窮屈な状態にあるとか。

その為に用意された監視役がインカム装着の助手席の男性なのかもしれません。

 

また補足するとシルエットの人物が車に乗車していたのは背景から暗い時間帯と分かりますが脇田が乗車していたのは朝と時間帯に差があります。

さらにシルエットの人物と脇田の車内の内装に少々違いが見られます。

時間帯と車の違いから両者が別人と考える事は出来るかもしれません。

私としてもその点は気にはなっていますし本当に別人の可能性は捨てきれません。

ですが今回作者が描きたかったものは『シルエットの人物=ジン達と連絡をしているRUM=脇田』のミスリードというのが私の推測です。

このミスリードの為には暗い時間帯に電話をする描写が必要だったのかなと。

内装は作画ミスで片付けられるレベルとも思います。

そして私の考察ではシルエットの人物の車の助手席に座っていた人物こそ真の大物。

脇田の乗車する車はこの大物を指定の場所まで送り届けた。そしてこの大物と入れ違いに監視役の男性が助手席に乗り込みいろは寿司に向かったのではないでしょうか。

時刻が暗闇から朝となっていたのはこの時間経過を表しているのかなと考えています。

 

 脇田は倉庫にいたのか

脇田は倉庫内の赤井、キャメルの姿と声を鮮明に回想しています。

一見彼が倉庫内にいたかのような描写ですがこれについては実は断言できません。

RUMがコルンに送信したキャメルの画像は倉庫内で撮影されたもの。

老人が赤井達に気付かれずにカメラのシャッターを押したとは考えにくいので服のポケットなどに小型のビデオカメラを仕組んだ、あるいは他にも倉庫内に複数のビデオカメラを設置していた可能性があります。

脇田は倉庫には顔を出しておらず影武者の任務を遂行するために撮影された映像を見ただけという考え方は可能です。

 

RUMが黒田or若狭の可能性はあるのか

脇田に関して綴ってばかりなので残りのRUM候補である黒田と若狭についても記述します。

 

まず若狭はRUMではありません。

彼女は右目が義眼とされていますが初登場の91巻で暗がりの地下室を左目を閉じ右目だ明けで覗き込んでいます。右目の視力に問題が無いのは明らかです。

また93巻では左目だけで歩美ちゃんの姿を捉えている事から彼女は両目共に見えています。

義眼が伏線となるRUM編で隻眼に関する作画ミスは絶対NGで有り得ない、と信じたいところ(笑)。

97巻で右目を押さえて倒れこんだのは精神的なものが起因かと。

 

彼女はその名前からRUMの「ふざけた名前」の情報に該当します。また偽名を名乗らないと反応してもらえない事から以前と顔が変わっている可能性はあります。

「顔を変えている」「ふざけた名前」のどちらにも当てはまりますが肝心の隻眼ではない為やはりRUMではありません。

 

黒田に関しては初登場時の情報から顔を変えたと考える事の出来る人物。

その一方「ふざけた名前」には一致しません。

ですが私の中では黒田はRUMではないと言い切れません。

私は以前から黒田は黒田兵衛以外に「ふざけた名前」を名乗っている可能性を考えていたのでそれが当たっている場合は私の中ではまだRUM候補ですね。

また黒田の隻眼は事実の可能性が高いと思います。

もし彼が義眼でないなら時々しか開かない、しかも色付き眼鏡越しの目をわざわざ義眼のように偽装している事になりますがそのように装う必要性が現時点では見当たりません。

とは言え脇田が隻眼でないのなら似たような目の描かれ方をしている黒田も隻眼を装っている可能性が提示されたとも言えます。

 

RUMは3人の中にいない可能性

そもそもRUMは本当に黒田、若狭、脇田の中にいるのでしょうか。

作者はこの3人の中にいると明言していますがこれはこの3人の中にRUMを名乗る人物がいるだけで本物はこの中にはいないという解釈が可能な回答になっています。

 

事実RUM編にはこの3人の中にRUMはいないと推測できるようなものもあります。

まず85巻のお酢入りの紅茶。

4つの紅茶のうち1つだけが当たりで残りはハズレのお酢入りの紅茶。

ハズレの紅茶のコースターにはドクロマーク(海賊=RUMの象徴と考えられます)。

ですが実は4つ全てお酢入りの紅茶で最後にドクロマークが消えて真っ白(組織を意味する黒と真逆)というオチ。

赤井はこれを「インチキ」と語っています。

 

また97巻ではタブレットケース3つのうち2つが空で空を選べば当たり、残りの1つが中身の入ったものでハズレとされていましたが実は3つとも空で中身の入った4つ目のケースが登場。

安室はこの事を「イカサマ」としています。

 

この2つのエピソードからRUM候補3人の中に本物のRUMはいないと捉える事はできます。

不可解と言えるのが紅茶は3つともハズレ、タブレットケースは3つとも当たりとされていた事。

この事実も考察をより複雑にさせている気がします。

本物のRUMはこの3人の中におらず3人とも影武者やそれに近い役割を担っている。

だからRUMとして当たりともハズレとも言える、なんて事なのかもしれません。


この3人の中にRUMはいない可能性と同時に気になるのが4の数字です。

RUM候補は3人なのに紅茶もタブレットケースもなぜ4でなければならないのか。

RUM候補3人以外にもう1人重要な人物が裏で動いているのかもしれません。

それこそ今回登場した作者作画の助手席の謎の人物とか。

 

ミステリーは真相が明らかになった時、読者は爽快感を得る事ができるはずですが今回はモヤモヤが残ったどころかモヤモヤの種が増えてしまっているんですよね(笑)。シルエットの人物の件を筆頭に。

 

公式が正式にRUM=脇田と明言しない限り私の中では彼はRUMではありませんね。 

今後の考察について

突然ですが私は今後「名探偵コナン」の考察はしないかもしれません。

 

理由は作品の中にどうしても理解できない矛盾点があるからです。

 

100巻発売も目前。

これだけの長期連載でかつキャラクターが多ければ作中に矛盾が生じてもある程度は目を瞑らなければならない事は確かにあります。

 

ですがこの作品は推理物です。

矛盾というのは極限まで削ぎ落すのが本来求められている姿だと考えています。

 

もちろん私の考える矛盾は矛盾でなく実は作者の計算のうちで伏線という事なども十分に有り得ます。

そしてその点も視野に入れ何度も作品を読み返しました。

ですがやはり私には作者が単純なミスをしてしまったようにしか受け止められませんでした。

 

そこに1つ気を取られてしまうとそこからは一気に疑心暗鬼の状態に陥ってしまうもの。

今まで伏線だと考えていたストーリーの進め方、台詞のチョイス、作画、これら全てが作者のミスなのではないかと考えるようになってしまいました。

 

考察とは作者が発表したものを信じきれないとできないものです。

今の私には作者を信じるという考察の基盤が正直揺らいでしまっている状態です。

 

考察をのんびりマイペースにするかもしれないし、全くしなくなる日が来るかもしれない。

今後作品とどう向き合うかは正直自分でもさっぱり分かりません。

 

コナンの考察自体は楽しいものです。

ですがこれまでと同等の熱量を持つ事は難しいと感じています。

 

ここ最近は作品の矛盾点と向き合う事に疲れ切っていましたから今後は作品と距離を取る事で気持ちをスッキリさせたいなというのもあります。

 

次のエピソードは記念すべき100巻収録で盛り上がる内容なのは確実ですし私も記事にできていない考察がいくつかあるのでこの記事が最後という訳ではありません。

それどころか作品と冷静に向き合えるようになれた分、気軽に記事を書けるようになり以前よりブログの更新頻度が増すかもしれません(笑)。

 

作品と一定の距離を保つ事で見えてくる面白さや新たな発見があるのかもしれません。今はそれを楽しみにしています。


Twitterはこちら

ぽちっが励みです(*^▽^*)


 にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ

脇田がジンの影武者として登場? FBIとキールの危機 高明は「大事」に参加か

f:id:hayama0-0:20201031225438j:plain

最新エピソード「FBIの暗号事件」はFBI VS 組織の対決でした。
 
3話で一度区切るという形になっていますが冒頭から複数のFBI捜査官が殺害されるという非常に緊迫した状態から物語はスタートします。
そしてコミックス100巻に収録となる今回のエピソードでついにRUMが本編初登場。
機械で声を変えていた上、短い台詞のみでの登場でしたがRUMの人物像を考察する上で貴重なシーンでしたね。
キールも久々の登場を果たしRUM編が大きく動く事を予感させてくれます。
私は今回のエピソードは考察材料が非常に多い事件だと感じました。
最新の「FBIの暗号事件」からRUMについて、また今後の物語の展開について私の予想を綴ります。
今回の記事は全体的に「このように考える事ができるかもしれない」「こうであれば面白い」というテイストになっています。

◆脇田=RUMの否定

RUMは組織内での会話で機械を使い自分の声を変えていました。
この事からRUMは非常に慎重な性格の持ち主と言えそうです。
 
RUM候補3人の中で慎重な性格とはかけ離れた言動を見せているのが脇田兼則。
彼は小五郎の反応を確認する為に左目の眼帯を外そうとする等かなり大胆な行動に出ています。
彼の正体がRUMであれば自分がRUMだと疑われる行動は避けるはずです。
これまでも脇田はRUMではないという細かな伏線はいくつも確認できましたがここにきて本格的な否定の要素が出てきた印象を受けます。
 
また脇田がRUMであり安室透にメールを送信した可能性は著しく低下します。
安室はRUMをせっかちと語っていますがこれがRUMの性格と取るかTime is money!から導き出される脇田兼則の名前と取るかが考察の大きな分かれ目だと思いますがRUMの性格はせっかちとは真逆の慎重派。
この点では安室のヒントのせっかちは脇田の名前を表していると取れますが脇田の正体が慎重な性格のRUMなら自分のコードネームも現在名乗っている名前に繋がる情報もどちらも集約されたメールを送信したりしないはずです。
少なくとも脇田=RUM=安室にメールを送信した人物という式は完成しません。
 
ですがRUMは影武者の存在が示唆されている人物です。
脇田がRUMの影武者でRUMの名前を使いメールを送信した可能性は残ります。
 
慎重な性格という意味では若狭留美もRUM候補から除外されるかと思います。
彼女はマスメディアに意図的に顔と名前を晒していますが機械で声を変えるほど慎重な性格の持ち主がこのような行動に出るのはやはり違和感を覚えます。
さらに若狭は素の状態では非常に凶暴な性格です。
これも慎重な性格を否定する材料になりそう。
 
RUM候補3人を見る限り慎重な性格という情報に当てはまるのは黒田兵衛だけかと思います。
とは言えRUMは普段は慎重な人格でも事の次第によっては大胆に攻めるタイプかもしれませんし冷静さを欠いた行動に出る事もあるかもしれません。
黒田も一見慎重派に見えて別の顔を持っている可能性も十分考えられます。
RUMが慎重な人物という事だけではRUMの正体は炙り出せませんね。
 
今回の事件ではジンが「大事の前」という黒田を思い起こさせる台詞を口にしたり暗号の解読、ハッキング、小学校教師という若狭を匂わせるワードが飛び出したりしましたがこれらを私は特別RUMを考察する重要なヒントとは受け止めていません。
 
黒田兵衛、若狭留美を連想させるワードを乱立させ読者の関心をこの2人に向けさせていますが後述の通り作者が今回の真の主役として扱った人物は脇田だからです。
 

◆安室はRUMの影武者にしか会っていない?

今回のエピソードでRUMの慎重な性格が浮き彫りとなりました。

RUMはあの赤井秀一でさえ二、三度その名前を耳にした程度。

自分の肉声を知っている人物相手に声を変える必要性を感じないので組織内でも常に機械を通した声しか知られていないという可能性もあります。

またRUMの人物像が十人十色とされているのもRUMが肉声を伏せている上に影武者が存在しているからという可能性も。

RUMに関しては組織内で情報がかなりシャットダウンされているのかもしれません。RUMの慎重な性格を考えると安室が連絡のやり取りをしている相手が本物のRUMかどうかも怪しくなってきます。 

例えばRUMの影武者としての役割を担っている脇田を安室がRUMと思い込んでいる為「せっかち」というヒントをコナンに与えたという事も有り得そう。

RUM編の複雑さを痛感させられます。

 

◆赤井率いるFBIとキールが危うい立場に

キャメルはキールから銃撃され車ごと海に転落。

彼は58巻でキールと行動を共にした後、組織の前で爆死した事になっています。

そのキャメルは組織のメンバーに顔を見られてしまいました。

コルン「俺…今の奴…どこかで見た気がする…」「もう一度顔を見たら思い出す…」

次があるかのような怖い台詞ですね(笑)。

キャメルの生存に組織がたどり着けば元々NOCの疑いがかけられていたキールの立場が非常に危ういものとなります。

またそのキールに殺害されたことになっている赤井の状況も到底安全とは言えません。一気に緊張感が高まる展開になりました。

ベルモットの表情と沈黙から彼女はキャメルに気付けているとも取れます。

かつて彼女はジョディに変装し爆死した事になっているキャメルと会話をしていますから彼の顔は知っているのでここからキールNOCである事にはたどり着けそうです。

ですがベルモットキールとコナンが繋がっている可能性を察知しています。

コナンを宝物と考えている彼女がコナンを危険に晒す情報を組織に提供する可能性は低いかもしれません。

そもそもベルモットの中にはNOCは例外なく報告するべきという考えは無いという可能性もありそう。

ベルモットは3年も前から赤井務武に変装しメアリーを誘き出そうとしていました。

3年前と言えば赤井はライとして組織に在籍していた頃で彼は母のメアリー似。

ベルモットはライの両親がMI6だと見抜いていた可能性があります。

事実ベルモットはメアリーを少女化させる前「息子達」という言葉を発しているので彼女は務武とメアリーに息子が2人いた事は把握していました。

ベルモットはライがNOCである可能性を感じ取りながらその情報を伏せていた線はそれなりに濃厚。

務武に変装し行動を起こしたのを3年前としたのも彼女がNOCを放置する人物という事を暗示しているのかもしれません。

かつてベルモットキール奪還の際、すっぴんにジャージ姿で男性のように描かれたキールを凝視しています。

これはベルモットキールによく似た男性に心当たりがありその男性とキールを重ねた伏線のはず。

このキール似の男性は消去法から務武しか残りません。

つまりベルモットキールと務武の血縁関係を疑っていたと考えられますがキールを取り巻く環境に特別変化がない事から恐らくこの疑惑を組織には報告していないのでしょう。

この時ベルモットは務武がMI6だと把握済みですからキールと務武の血縁関係を疑った時点で組織に報告するのが妥当だと思いますがそれをしていないのなら彼女はNOCを問題視していない人物と考える事ができます。

▼過去の記事はこちら 

彼女がNOCを組織に報告しない人物であれば幼児化の現象を組織に伏せている事と併せて考察できるかもしれません。

しかしながらキールの件をベルモットが黙認したとしても組織はキャメルに目をつけています。

ジン「是が非でも今のFBIの骸を探し出し…その死に顔を拝ませてもらおうか…」

海中に沈んだ車から無事脱出に成功したキャメルですが組織の目が光る中の救出は困難と判断され彼を海中に漂わせたままこのエピソードを終わっています。

この後キャメルがどうなるかですが組織に捕まるとは思えないので無事と考えていいでしょうが海から死体が上がらない事で生存を疑われるのを避けるためにキャメルの死亡を偽装するのかもしれません。 

この事件はアーロンというFBI捜査官が遺体となって発見された事が発端ですがコナン達の会話からはアーロンの死亡は公になっていないとも考えられます。

組織もこの人物の死亡を確認できていない可能性も。

FBI側はアーロンの遺体でキャメルを死亡した事にする展開もあるかもしれません。 

 

◆脇田がジンの影武者として登場?

今回のエピソードでは左利きのジンが右手でライフルを扱うシーンがありました。

私は今回登場した右利きのジンは脇田の変装した姿ではないかと考えています。

 

ジンがライフルで銃撃するシーンは2コマありますが2コマとも右手で撃っています。

またこのシーンが掲載された本誌が発売中にアニメで放送されたのは「元太少年の災難 30巻」。

このエピソードの最後でコナンはジンの利き手が左である事を知ります。

アニメの放送のタイミングを考えると右利きのジンの登場は意図的な描写ではないかと思います。 

 

ここで先述の作者が脇田を真の主役として描いた話という点に触れたいと思います。

 

 FBIは2人1組で行動していました。そのFBIを追う組織も2人1組のペア。

キャラクターの台詞からもペアという事が強調されていました。

実はペアは脇田を暗示するワードです。

脇田のメイン回は登場人物が2人1組のペアで行動します。

また彼のメイン回で立て続けに登場したババ抜きもペアを完成させるゲームです。 

 

加えて事件現場が廃ビルである事も極めて重要なポイントです。

脇田のメイン回全てに廃れた場所が登場します。

初登場の時に彼は「ゾンビが囲む別荘 88巻」について触れていますがこの事件は廃れた貸し別荘が舞台、「長野廃教会事件 97巻」は廃教会、「屋根裏密室事件」もゾンビ事件と同様廃れた貸し別荘で事件が起きています。

今回のエピソードの中でコナンの口から何度も「廃ビル」が登場していますし、落下した看板は廃ビルが伏線になっている事を強調しているはずです。

ジョディ「潰れた店の名前までよく覚えていたわね…」

この台詞も廃墟を読者に意識させる狙いがあるのでしょう。 

 

シリーズ1話目から密かに強調されている「2人1組」と「廃墟」という脇田を暗示するワードが登場した事で1話目の時点で私の中で想定したのは次の3つ。

1.FBIを一網打尽にする計画者がRUMでありその正体が脇田

2・脇田の過去や人物像に迫るエピソードの描写

3・脇田がいつもと違う外見で登場 

まず1の脇田=RUMですが私は最初から脇田をRUMとは考えていないので除外しました。

次に2の脇田の人物像に迫るエピソード、具体的にはこの事件の被害者の過去が脇田の過去を考察できるようになっているといった可能性を考えたのですがこれも早々に排除。

なぜならスピンオフ作品である「警察学校編」が年内にコミックス化されることが発表されたからです。

年内にコミックス化させる為には「警察学校編」をかなり早い段階で掲載しなければなりませんがコナン本編とスピンオフの同時掲載にはならない可能性が高い。

つまりこの「FBIの暗号事件」は短編。

冒頭から組織により多くのFBIの命が奪われる緊迫した事件を短編で終わらせるには脇田の人物像を考察できそうなエピソードは挿入しない事になりそう。

そうなると3の脇田がいつもと違う姿で作品に登場するという選択肢しか残らなくなるんです。

いつもと違う姿というのは別人に変装した姿か変装を解いた姿のどちらか。

いつも通りの板前の姿で登場するのであればペアといった読者が見落としがちな伏線を張ったりしません。

脇田は身長を偽っているので彼の外見は本物ではありません。彼が変装の達人という伏線はちゃんとあるわけです。

私は脇田がどの人物に変装しているかに注意を払いながら読み進めていったのですがそんな中で右利きのジンが登場。

このジンの不可解な点は利き手だけではありません。右手でライフルを撃った彼は単独で行動しています。

ベルモット「私はキールと向かうから…ジンとウォッカはいつものように…」 

この言葉からも作中の描写からもジンはウォッカと共に行動していたはずです。

FBIを狙撃した時ジンの横にウォッカがいない上2人が移動に使っている車もないのは奇妙と言えます。

またジンはキャンティにキャメルの乗った車の追跡を任せていますがその後彼本人がウォッカと共にキャメルの車を追跡しています。これも少々気になる点です。

 

加えて作中でRUMはラムと表記されることがありこの違いは意味があると考える事が出来ますが今回ジンのモノローグではRUMでした。

ジンは90巻で「ラム」を口にしていますから彼はRUMもラムもどちらも使用するという不思議な設定となってしまいます。

ですが今回RUM表記のモノローグと共に登場したジンがジンの影武者ならこの使い分けも両者が別人だからと説明できるんです。

 不敵な笑みと(RUM!!)のモノローグと共に描写されたジンはアップでどこに居るのか、誰といるのかが全く分からないようになっているのでこちらが単独行動の影武者の方かと思います。

ジンやベルモットは「ラム」、ジンの影武者は「RUM」と呼ぶ設定があるのかもしれません。

このジンの影武者こそ「2人1組」「廃墟」のワードで今回の真の主役と示唆されている脇田なのだと思います。 

また私は脇田兼則=赤井務武の可能性を考えてきました。

ジンは務武の口癖であろう「暗がりに鬼を繋ぐが如く」という言葉を残しており、この台詞は作者の口から伏線である事が示唆されています。

ジンの年齢を考えると17年前の羽田浩司の事件で務武と出会い、務武の口癖が移ったとは考え難い。

ですが死んだとされる務武が密かに生き延び現在はジンの近くにいるという設定があるのならジンと務武の口癖が一致してもおかしくはありません。

どうしても先入観と「抜かるなよ」の言葉から黒田=務武であり脇田は論外と考える読者が多いと思いますがそろそろ脇田の口から赤井家を連想させる言葉が飛び出し読者の間で考察が盛り上がる展開があってもよさそうです。

本当にジンの影武者=務武なら赤井は心の底から憎んでいるジンと対面してみたら相手は影武者でその正体は父親だったという最高に盛り上がる展開なのでこれには期待したいところです。

▼脇田=務武の記事はこちら

◆コウメイの「大事」参加のフラグ

私は脇田がRUMではなく組織を壊滅させる正義の立場であると推測しています。

ではなぜ正義の彼がFBIを銃撃したのか。

この謎を紐解くヒントがキャメルの言葉です。

赤井「撃たれたようだが…」

キャメル「はい…ライフルの弾が右のドアを貫通して運転席のドアに着弾しましたが…」

ジンが撃ち込んだ弾丸は車内にしっかり残っています。

台詞だけでなく作画でもドアにのめり込んだ弾丸が描写されています。

正義の立場である脇田演じるジンはわざと弾丸を車内に残す形を取ったんだと思います。

ジン「FBIもこの国の許可無しに勝手に組織を嗅ぎ回ってんだ…組織の存在を公にして騒ぎ立て、腹の内を探られたくはねぇだろ…」

FBIがどの程度の自由度を持ち日本で活動しているのかは不明ですがこのジンの言葉や工藤邸を隠れ蓑にした事などを踏まえるとFBIは大きく動く事は出来ないのかもしれません。

この車を海中から引き揚げ、弾丸を手に入れるのが公安になるのかも。

赤井「楠田陸道が自殺に使用した拳銃だ…入手ルートを探れば何かわかるかも知れん…ここは日本…そういう事はFBIより君らの方が畑だろ?」 85巻

赤井は組織の一員だった楠田の拳銃を安室に託しています。

この拳銃は組織に繋がる有力な物証で今後も登場する可能性が高い。

赤井の発言から推測すると組織の拳銃の入手ルートの特定は公安の仕事になりそうです。

楠田の拳銃や今回車中に残された弾丸のライフルマークから公安は組織の武器の調達に関する情報を入手できます。

キールが撃った弾丸も車内に残っているかもしれません。

作者がジンとキールに銃撃させたのは車内に組織に繋がる有力な手掛かりを残す狙いがあったのではないでしょうか。

 

そして拳銃と言えば黒田の初登場回の「啄木鳥会」。

組織の武器の入手先となっている可能性がありますし啄木鳥会は長野県警のグループでした。

長野県警の諸伏高明はRUM候補の黒田と脇田の2人と顔を合わせており黒田の言う「大事」に参加する可能性の高い人物です。

彼は東都大学法学部を首席で卒業という極めて優秀な人材であり弟の景光は組織が原因で死亡しています。

コウメイが優秀だからという理由で突然「大事」に参加させるのも腑に落ちませんし彼は弟の死を真正面から受け止めているので組織に対し私怨では動かない性格ではないでしょうか。

ですが弾丸を通して組織と長野県警を結ぶルートが開通すれば彼が「大事」に参加する正当な理由が誕生します。

車のドアに残された弾丸はこの後コウメイが組織に立ち向かうフラグの役割を担うのではないかと思います。

彼の弟のスコッチは謎だらけの死を遂げています。

この死にRUMが一枚噛んでいても不思議ではありません。

コウメイの組織戦参加に伴い不可解な点が多いスコッチの自決の真相が明かされるかもしれません。

▼スコッチ自決の謎 

ジン「ああ…大事の前だ…邪魔なハエ共は1匹でも多く…」

ジンの台詞から組織は何か大きな行動に出ようとしている事が分かります。

黒田の「大事」とジンの「大事」が同一であるのならこの「大事」は公安が本領を発揮すれば止められるものという事になります。

「大事」とは組織が違法な武器を大量に入手する計画の事かもしれません。

また工藤夫妻とFBI陣営はなぜか組織が大きく動き出す事を知っていたと取れる台詞を前回のエピソードで残しています。

この情報源が考察のポイントになりそうですね。 

 

◆若狭がRUMの影武者という可能性も

今回シリーズ2話目でRUMが本編に初登場となりました。

この時の組織のメンバーのRUMを畏怖する様子からRUMが作戦に本格的に参加したのはこの瞬間とも考えられます。

事実組織は1話目の段階ではFBIを次々と殺害していたにも関わらずRUMの指示以降はFBIの命を奪わず負傷させるに留めています。

これは1話目の段階ではRUMは作戦の指揮を執っていなかったという憶測も成り立ちそうです。

もちろんFBIの壊滅は組織全体の目的でしょうからRUMが一切関与していなかったとは思えませんがFBIを殺害するという指示を出していた人物はRUMではないという解釈も出来そう。

つまり暗号をハッキングしていたのはRUM以外の人物という可能性ですね。

有力なのは若狭です。

若狭の初登場は今回同様暗号解読がテーマでしたし、コナンが暗号の解読表を見事に完成させるシーンも彼女の初登場回に似通っています。

そして若狭は機械に精通しているという伏線も確認できる人物。

コナン「名前や身分を偽って入国した可能性もあるけど…」

これは若狭のメイン回である「山菜採り 97巻」に登場した台詞を連想させます。

コナン「会う人によって名前や職業を変えなきゃいけない事をやってたんじゃない?」「探偵とか…スパイとか…詐欺師とか…」

詐欺師はもう1つの若狭のメイン回「牧場監禁事件」にも登場するワードです。

これは若狭が複数の顔を使い分けている(使い分けていた)事の伏線だと考えられます。

またこの事件に登場した小学校教師のワードも若狭を思い起こさせます。

ハッキングで暗号を解読し、組織がFBIを始末しているのを静観したのが若狭、この後登場し作戦を変更したのがRUMという筋書きなのかもしれません。

ラムとRUMの書き分けはRUMが本物、若狭演じるラムが偽物で彼女はRUMの影武者という可能性も浮上します。

ジンの影武者がRUMのモノローグと共に不敵な笑みを浮かべたのはようやく本物のお出ましという意味が込められているのかもしれません。つまりそれまではこの作戦に本物のRUMは大して関与していなかったという伏線と取れそうです。

複雑な話をすると慎重なRUMの性格を思えば安室どころか組織のメンバー全員本物のRUMを知らないという推測もしていいのではないかと思います。

灰原は若狭から組織の気配を感じ取っていませんが私は組織の任務をこなす人物は組織であるという考え方はしていません。

慎重な性格のRUMは組織以外の有能な人材を傍に配置する事で組織のメンバーにも極力自分の気配を感じさせない戦略の人物ではないかと考えています。

 

若狭は義眼とされている右目が見えている描写がある為RUMではありません。

黒田と対面した際黒田を探る様子を見せたのは彼女が黒田がRUMではないかと疑っている、即ちRUMの実像を完全に捉えていないから。

これもRUMが慎重な人物である為影武者である自分もその正体を掴めていないからと一応の説明はできます。

また若狭がマスコミを通して意味深な自分のアナグラムを報道させたのは自分がRUMの有能な影武者である以上RUMが自分に手を出す事はないという自信からかもしれません。

若狭は殺人の気配を感知しながら放置し、子供達を事件に巻き込むという悪の一面を持ち合わせている人物なのでFBIが命を落とそうが気に留めない性格という伏線はあるわけです。

彼女がRUMの影武者の任務を務めているのなら95巻で彼女がAPTX4869の投与者リストを閲覧していたのはハッキングでなくごく普通にアクセスできる状態にあるという見方も出来ます。

若狭はメアリーと繋がりがあるかのような描写が点在していますが実は両者は全く繋がっておらず若狭が幼児化の現象を突き止めた事にメアリーは無関係なのかもしれません。

 

若狭=浅香の可能性が高いとは考えていますが赤井は浅香に心当たりがあり彼は浅香を一切危険視していません。

赤井は高い情報収集能力を持っている事が作中で明言されている人物ですが危険な一面を持つ若狭は赤井の言う浅香の人物像と合致しない為若狭=浅香はただでさえ危うい部分がありました。

彼女には「詐欺師」という伏線通り隠された素顔があるのかもしれません。

 

若狭がRUMの影武者という可能性は深く考えた事がなかったんですがこの事件の流れと登場するワード、さらにRUMとラムの表記の違いから若狭の正体は本格的に考察しなおす必要があるのかなと感じました。

若狭=ラム=RUMの影武者という式は矛盾を孕んでいるとは思うのですがRUM編は最初からインチキを仕掛けるというアナウンスがあるわけですからこの式も何かしらの抜け道を持って完成させる事は出来るかもしれません。

 

◆形勢は一転、危険な状態へ

赤井「これで一応奴らにここ(工藤邸)を襲撃される恐れはなくなりましたね…」

優作「ああ…後は、備えるだけ…組織の…大きな…動きに…」

前回のこのやり取りから一転、キールNOCである事、キャメルの生存、さらには赤井の生存が組織に気付かれるかもしれないという極めて危機的な状況へ。

今回は暗号に使われたローマ字が訓令式ヘボン式かをRUMは即座に見抜きました。

これには作中屈指の頭脳派である優作も相手がRUMとは知らないものの相手の能力の高さを痛感しています。

優作「訓令式ヘボン式…私が事前に気づけたかどうか…しかし向こうにはそれを瞬時に見抜いた誰かが居るという事…」

「どうやら我々は組織の事を…少々甘く見ていたようですね…」

優作にこの台詞を言わせる程RUMは洞察力や推理力の高い人物のようです。

 

読者のあいだでRUM最有力の脇田ですが彼が今後コナンに探りを入れる展開になるのは確実。

脇田はRUMかどうかは別にしても「屋根裏密室事件」でコナンの口から新一の名前が出た事で両者の関係を疑い彼が行動を起こす下地は整っていました。

そして彼はRUM候補の中で唯一コナンに関心があるという描写のない人物でしたしコナンからも疑われてはいませんでした。

コナンが脇田に疑念を抱くのはこれからのはず。

 

 ◆その他 

ジンの利き手からジンは今回2人登場したと考えていますがシリーズ1話目のジンがFBIの喉を打ち抜いて絶命させたのもちょっと不可解に感じました。

安室の口から「ジンは拳銃でとどめを刺す時は必ず頭を撃つ」と明言されています。このジンはいつも通り左利きですがなぜ頭を狙わなかったのかが謎ですね。

今回の事件でジンは本物に加え頭以外を狙う、右利きの計3人が登場したのでしょうか。さすがに影武者がいきなり2人も登場とは思えないですがかなり気になりました。

とは言え単にジンの残忍な性格を改めて読者に示す事と100巻に入り物語に緊張感を持たせる狙いがあるだけかもしれませんね。

 

そしてキールが久しぶりに登場。

組織の任務を果たす事、かつ命の恩人であるキャメルが最悪の状況に陥る事を回避する為彼を撃つというNOCとして賢明かつ大胆な行動を取りました。

過酷な運命を背負いながらも強く生きる彼女のキャラクターの魅力が存分に活かされています。

キール「やけに警察の到着が早そうだし…」

 FBI捜査官の死亡直後にパトカーのサイレンが鳴り響いています。

これはFBIと公安が既に協力関係にあるという見方も出来るかもしれません。

工藤夫妻とFBI陣営が「大事」を知っていたのも安室経由かも。

また脇田が正義の立場として組織で行動しているのなら彼が通報した可能性もありそうです。

ベルモットティーカップで紅茶を飲んでいたのに対しキールは缶の飲み物というのが気になりました。

この缶に残された指紋がキールの今後に繋がるのかもしれません。

これは指紋で死を偽装した赤井を連想させますが今回のエピソードは「赤と黒のクラッシュ」を意識させるものだったので敢えて似たようなパターンを描きその中に驚きを交える事でこの戦いを面白く演出する狙いがあってもいいのではないかと思います。

 

 FBI陣営の結束は安堵させられるものがありました。

今回はジョディの作った暗号によりFBIが危機的状況に。

これまでも何かと損な役回りばかりだったジョディでしたがこのエピソードでは赤井もジェイムズも彼女を擁護する言葉をかけています。

またいつもは冷静沈着な赤井がキャメルの危機的状態に焦った表情を見せ声を荒げ仲間を思う様子は胸に迫るものがあります。

赤井は生存を隠している立場上沖矢昴としての生活を余儀なくされていますが最近は沖矢で登場する機会が減っている。

これは赤井をはじめFBIが組織の壊滅に本腰を入れている事を読者に分かりやすく伝える為かもしれません。

組織との全面戦争が近い事が窺えます。

 

ここまで色々と綴ってきましたが今回の考察は登場したのが本物のRUM、ジンの利き手が作画ミスでない等を前提としています。

RUMが偽物の可能性は否定できませんしジンの利き手も単なる作画ミスという事は十分考えられます。実際この事件はジンの影武者がいなければ成立しない話という訳ではありませんでした。

啄木鳥会も87巻で一応解決している事件です。RUMは最初から指揮を執っていた可能性も十分考えられます。

今回は「こうであれば面白い」という希望も込めた記事に仕上げました。

 

 ▼チャンネル登録お願いします(*^▽^*)

Twitterはこちら

ぽちっが励みです(*^▽^*)


 にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ

RUMは黒田兵衛 ~影武者の伏線と外見の違い~

f:id:hayama0-0:20200920181553j:plain

黒田兵衛には影武者がいる。

影武者がいる以上彼の正体はRUMである。

これが私の推理です。

この事に関してはこれまでも記事にしてきましたが原作が進んだ事に加え私自身原作を読み返す中で新たな発見もありました。

今回は黒田兵衛に影武者がいるという伏線と本人と影武者の見分け方について等をまとめました。

 

◆黒田兵衛に影武者がいるという伏線の数々

■記憶が不完全という設定

上原「意識が戻った今も所々細かい記憶が抜け落ちてるっておっしゃってたけど…」 86巻 

黒田は記憶が不完全という設定です。

彼に影武者がいれば完全な記憶の共有は不可能。

影武者の存在を示唆していると受け止める事ができます。

 

■諸伏との会話

黒田「三枝にも…後でこってり事情聴取せねばならんようだが…どうやらそれはお前達に任せる事になりそうだ…」

コウメイ「え?」 87巻

「県警の黒い闇 86巻~87巻」の黒田とコウメイの会話。

これはこの事件の大部分に登場し事件を追っていた黒田と最後に少しだけ登場しコウメイとこの会話をした黒田が別人という伏線。

この時黒田はスマホを操作しています。

犯人確保という慌ただしい中でどうしても連絡を取らなければならない相手がいるという事。

この黒田は事件の詳細を知るもう1人の黒田との情報共有を終えなければ事件に対応できません

コウメイは目の前の黒田が先ほどの黒田と別人と分からない為「なぜ?」という表情をしているんです。

 

■コナンと二度目の対面で握手を求めた

「ブログ女優の密室事件 87巻」で黒田はコナンに握手を求めています。

本来なら両者は二度目の対面ですから握手は不要。

ここで握手を求めたのはこの黒田が黒田の影武者でコナンと会うのが初めてだったからとすれば納得がいきます。

 

■若狭と対面時の扉絵の伏線

RUM候補の2人、黒田と若狭留美が作中で初めて対面したのが93巻「ティップオフ」。

この時若狭は目の前の黒田を探るような様子を見せています。

実は「ティップオフ」の扉絵は74巻「動画サイト」に非常によく似ているんです。

「動画サイト」は博士の家からペルシャ絨毯が盗まれその事実を隠蔽するため犯人が本物とそっくりの偽物をスリ替えた事件。

これは若狭の目の前にいる黒田が本物そっくりの偽物にスリ替わっていると当てはめる事ができます。

若狭の黒田を探る様子も本物と偽物を見極めようとしているとすれば合点がいきます。

 

■RUMと鼠はセット

ベルモット「組織内に鼠が入り込んで来てるって…ジンが問題視していたし…」 85巻 

この台詞の後に公開されたのが「純黒の悪夢」。

劇場版でバーボンとキールNOCと疑われた事から鼠はこの2人(あるいはどちらか)を指しているとする見方もできない訳ではありません。

ですが考察好き以外はスルー出来るレベルのベルモットのたった一言の為に劇場版を完成させたとは考えにくいと思います。

もしこの鼠がバーボンとキールを指しているのなら原作の伏線を劇場版で回収している事になってしまいます。

ジンの言う鼠は原作において未回収の伏線でありその鼠は今後明らかになる存在と考えた方が妥当ではないかと思います。

そしてこの「鼠」発言が85巻、黒田の初登場が86巻。

ジンが鼠の気配を察知したすぐ後に黒田が登場している事からRUMである黒田が組織内で鼠を従えて動いているという推理は十分可能です。

 

■休暇を必要としていない

白鳥「思いきって休まれてはどうですか?どーせ年次休暇も全くとられていないんでしょ?」 93巻

黒田には影武者がおりその人物と交代しながら任務をこなす事が可能な為休みを必要としていないと考えられます。

 

■コナンへの関心の差

黒田はその時々でコナンへの関心度が全く異なるという特徴があります。

 

「ブログ女優の密室事件 87巻」「標的は警視庁交通部 95巻~96巻」の黒田はコナンへの関心が異常に高い事が分かります。

高木「け、警部!コナン君の指示通りにしろと…か、管理官が…電話で…」 87巻

 この黒田は現場にコナンがいると分かっただけで事件解決をコナンに一任。

ちなみにこの黒田は先述のコナンに握手を求めた人物です。

安室「言われた通り僕が提供できる情報は全てあの少年に伝えました…」 96巻

 「標的は警視庁交通部」ではコナンを視界に捉え即座に安室に連絡。

この2つの事件の黒田はコナンへの関心が尋常でなく高いんです。

一方「県警の黒い闇」の黒田(最後に登場した黒田を除く)はコナンへの関心がさほど無いのが特徴。

コナンが自分の推理を披露したのは黒田から離れた帰りの新幹線の中です。

「ブログ女優の密室事件」や「標的は警視庁交通部」の黒田ならコナンの能力を信頼している為目の前でコナンに推理をさせるはずです。

よって「県警の黒い闇」でコナンと行動を共にしていた黒田はコナンへの関心が高いとは言えません。

コナンへの関心の差は「別人だから」と捉えるべきです。

 

◆黒田とその影武者の見分け方

実は黒田とその影武者は外見で違いを見分ける事が出来ます。

コナンに高い関心を示す黒田とさほど関心のない黒田には外見に次の差があるんです。

・コナンに高い関心を示す黒田=襟元にバッジがある

・コナンにさほど関心のない黒田=襟元にバッジがない

バッジが伏線と考えられるのが82巻で佐藤刑事が赤バッジをなくすエピソードの中の次台詞。

高木「いやぁビックリでしたね…あんなによく似た別人がいるなんて」 

手配中の被疑者の情報が舞い込み現場に直行したものの別人だったという話です。

86巻で初登場となる黒田のバッジの有無が彼とその影武者を見分けるポイントになっていると思われます。

また「標的は警視庁交通部」にはこんな気になる台詞も。

佐藤「もちろんこっそり警察バッジ見せて…追っ払ったわよ!」 95巻

ナンパしてきた男を警察バッジで追い払ったというが佐藤の回想ではなぜか警察バッジでなく警察手帳で追い払っているんです。

作画ミスの可能性もありますがこの後すぐにバッジを付けた黒田が登場する事からバッジに注目という意味が込められている可能性も。

 

またバッジを付けている黒田はコナンの能力を高く評価している為幼児化の現象に気付いている可能性が高いと言えます。

幼児化に気付いている時点で組織の人間ではありません。

さらにバッジ付きの黒田は灰原とも面識がありますが灰原は彼から組織の気配を感じ取っていませんし黒田の方も灰原に何の反応もしていません。

この事からもバッジ付きの黒田は組織の一員ではないと言えます。

組織ではない=正義と断言できるわけではありませんがジンは鼠、つまり組織以外の人間が組織内を動き回る事を危惧していますからバッジ付きの黒田は正義の可能性が高いと言えそうです。

 安室はRUMの事をせっかちと語っています。

これがRUMの性格を表しているのかは定かではありませんがこのバッジは付ける付けないは本人の自由。

高木「まぁ基本付けてますけど、付けなくてもいい物ですし…」 82巻

バッジを付けないのはせっかちだから、つまりバッジ無しの黒田はRUMという伏線とも言えそうです。 

 

◆バッジは確実に伏線

私は黒田のバッジは気にはなっていましたがそれほど深く考えてきませんでした。

理由は2つ。

1つ目に黒田のバッジが小さすぎてバッジに見える別物という可能性があったから。

2つ目は「燃えるテントの怪 93巻」で私服の黒田が登場しているからです。

黒田を見分ける伏線がバッジの有無なら私服の黒田について適切な判断ができません。

ですがやはりバッジは伏線に違いないという根拠を最近ようやく発見できました。

コナンの作中では警視庁の警察官はみんなバッジをつけています。

これは連載当初からではありません。

では青山先生は一体いつから警察官の襟元にバッジを付ける事にしたのでしょうか。

実は比較的最近の「命を懸けた恋愛中継 76巻」からです

この事件は作者がバッジを強く意識して描いている事がよく分かります。

なぜなら登場人物のバッジがこれでもかという程丁寧に描写されているからです。

 

そしてこの事件は安室透の警察学校時代の友人である伊達航に恨みを持つ人物が同じ「ワタル」という名前の高木刑事を誤ってターゲットにしてしまうというもの。

要するに犯人が本物と偽物を勘違いした結果発生した事件です。

バッジの有無は本物と偽物の差の伏線と捉える事が出来ます。

また高木に止まったカラスがきっかけで事件解決に前進していますが実はこの事件、彼だけがバッジを付けていませんでした。

バッジを付けていない高木刑事とカラスをセットにする事でッジを付けていない黒田=組織という伏線としているのかもしれません。

 

現在作品は100巻に収録されるエピソードまで掲載されている状況です。

そして76巻から今に至るまで警視庁の人間は必ず胸元にバッジを付けています。

※書き忘れというレベルのものはいくつもあります。

ですが「命を懸けた恋愛中継」より後に二度だけバッジが描かれなかった時がありました。

それが「みんなが見ていた 79巻」と「燃えるテントの怪 93巻」です。

「燃えるテントの怪」は扉絵から偽物と本物がスリ替わっている話と推測できます。

この時の黒田は私服でバッジの有無は確認できません。

その代わりこの時弓長警部はバッジ無しで登場しています。

これはこの時登場した私服の黒田はバッジ付きの黒田ではないという示唆なのかもしれません。

また「みんなが見ていた」は全3話構成の話ですがシリーズの2話目からバッジを付けていない目暮警部と高木刑事が登場しています。

この2人の登場した時のタイトルは「二人で一人前」。

黒田は影武者と2人で警察官としての任務をこなしている。

警察官である黒田とその影武者の見分け方はバッジの有無である。

このように考える事が出来ると思います。

登場人物のバッジに注目しながら原作を読み返すと分かるんですが話が進むにつれどんどんバッジが小さくなっています(笑)。

黒田の胸元にあるものがバッジかどうか判断に悩むほど意図的にバッジが小さく描かれています。

やはりバッジが伏線だからでしょう。

現在みんなバッジを付けている中で黒田兵衛だけがバッジを付けたり外したりしています。

そしてバッジの有無でコナンへの関心度が異なる。

やはり黒田は1人ではありません。

バッジの有無は黒田を見分ける大きなカギになるはず。

また警察官のつけるバッジは通称赤バッジ。

赤といえば赤井ファミリー。

さらに赤バッジの次のエピソードが「赤い女の惨劇 82巻~83巻」と赤尽くしなのも気になる点です。

バッジを付けている黒田兵衛の正体は赤井務武という可能性もありそうです。

◆私服姿の黒田の謎

黒田兵衛を考察する上で厄介なのが「燃えるテントの怪」に登場する私服姿の黒田です。

私服なのでバッジ付きかバッジ無しかどちらの黒田なのか見た目だけでは判断ができません。

共に登場した弓長警部がバッジが無かった事からバッジ無しの方の黒田という可能性も考えました。

ですが冷静にこの人物を観察するとバッジ無しの黒田、もう一方のバッジ付きの黒田のどちらにも該当しない第3の黒田が浮上してくるんです。

 

まずコナンへの関心度。

この私服の黒田はコナンへの関心が高いとは言えません。

バッジ付きの黒田の特徴とはかけ離れています。

また弓長が現場に到着するまで何のアクションも起こしていない事が会話から分かります。

「県警の黒い闇」に登場するバッジ無しの黒田は事件が発生するとすぐに遺体に駆け寄る、迅速に行動するといった特徴が見られますがこの黒田にはそれがありません。

さらにこんな台詞もあります。

黒田「強行犯係の目暮とどちらを呼ぶか迷ったが…」

警察官としてかなり高い地位にある人間の発言とすると極めて不自然です。

少なくとも普段黒田兵衛として生活している人間のジャッジではないでしょう。

バッジ付きの黒田ともバッジ無しの黒田とも違う人格なんです。

つまり黒田は私服の黒田を含め3人存在する事になります。

私自身同じ人間が3人も存在する事に関しては首を傾げたくなりますが性格を分析するとこのような答えになってしまうんです。

恐らく私服の黒田に関しては影武者の影武者といった程度の役割なのだと思います。

あるいは黒田の影武者が自分の持つ高い変装術で仲間を黒田兵衛に変装させたという可能性もありそうです。

黒田の影武者が2人いてその2人とも声色を自由自在に扱えるとは考え難い。

そしてこの私服の黒田は首元が隠れています。

アガサ博士の変声機はごく普通に販売されていましたから入手は困難ではないはず。

この私服の黒田は仲間に変装の手助けをしてもらい変声機で声を変えていたのかもしれません。

さすがに黒田が3人もいる必要性は感じません。

この人物は変装の勉強中など何らかの理由でこの時限定で黒田に変装したに過ぎないのではないでしょうか。

今後も私服の黒田として登場する可能性はありそうですが普段から黒田を演じているとは考えにくいですね。

 

ではこの私服の黒田は何者なのか。

足技で犯人を制圧している事から長身の男性である事は間違いありません。

シークレットブーツであればこの技は難しいでしょう。

また高い身体能力を持っている事も分かります。

この条件に当てはまり、かつ重要なポジションと言えば安室と伊織無我のどちらかでしょうか。

この2人のどちらかの変装であった可能性は否定できないと思います。

 「燃えるテントの怪」の黒田に関しては私も考察の途中といった感じです。

 

黒田兵衛には影武者が存在する事は間違いありません。

性格がこれだけブレていて全て同じ人物であればキャラクター設定があまりにもお粗末と言えます。

RUM編はかなり早い段階から構想が練られていたのですから性格や言動も一貫しているのが当然です。

同時に黒田に影武者がいる以上必然的に彼がRUMという可能性が高まります。

ジンの言葉を借りれば鼠を従えるのは組織内で御法度の行為。

考察通りRUMである黒田が組織以外の人間を影武者として従えているのなら彼は組織の一員でありながら組織のメンバーを裏切っている事になります。

コードネーム持ちの中でも別格とされるRUMだからこそ可能な行動なのではないでしょうか。

 

YouTubeはこちら

Twitter

ぽちっが励みです(*^▽^*)


 にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ

脇田の正体は務武?

f:id:hayama0-0:20200919204109j:plain

RUM候補の1人である脇田兼則の正体は赤井務武である。

最近になりこのような考察ができる材料が少しずつ揃ってきている印象を受けます。

今回は脇田兼則=赤井務武について考察します。 

◆初登場のタイミング 

務武の容姿が読者に初めて明かされたのが「さざ波の魔法使い 92巻」。

脇田の初登場はその次のエピソードである「江戸っ子探偵!?」。

務武が非常にハンサムな男性という印象を読者に植え付けた後でその真逆とも言える容姿の脇田が登場しているんです。

務武の正体が実は脇田とすれば初登場のタイミングとしては最高の演出だと思います(笑)。

 

◆脇田がMI6という可能性

脇田=務武と考えられる大きな要因として脇田の正体がMI6という伏線が確認できる事にあります。

脇田は初登場時「ゾンビが囲む別荘 88巻」について触れています。

また蘭のある台詞にも注目。

「お父さんはダメよ!尿酸値とコレステロールがヤバぎみなんだから…」

「間食はダメよ!お医者さんに内臓脂肪が付き過ぎって言われてるんだから…」

上が脇田初登場、下がゾンビ回の台詞です。

また脇田のメイン回「屋根裏密室事件」は「ゾンビが囲む別荘」を明らかに意識して作られています。

この2つの事件の共通点を見てみましょう。

「ゾンビが囲む別荘」と「屋根裏密室事件」の共通点

▼沖野ヨーコの登場

▼小五郎がお腹をこわす

▼トイレットペーパーが重要ポイント

▼廃れた貸し別荘で事件が発生

▼被害者が忽然と姿を消す

▼遺体発見のタイミング

(ゾンビ事件では捜索から4日後の朝、屋根裏事件では4日目の朝)

▼兄弟の片方が死亡

(ゾンビ事件では弟、屋根裏事件では兄)

 脇田登場前の「ゾンビが囲む別荘」と脇田メイン回の「屋根裏密室事件」は類似点が多い事が分かります。

そして脇田は初登場時ゾンビ事件について語っている事を踏まえると作者が「ゾンビが囲む別荘」と脇田兼則というキャラクターを重ねて描いているとみて間違いありません。

ではなぜ彼と「ゾンビが囲む別荘」を結び付ける必要があるのでしょうか。

それはこの事件のFileナンバーにあります。

「ゾンビが囲む別荘」のシリーズ1話目はFile931。

これはMI6に変換する事の出来る数字です。

脇田とゾンビ事件を重ねて描いているのは彼の正体がMI6という伏線とすると納得がいきます。

また「ゾンビが囲む別荘」にはこっそりシャアのネタが織り交ぜられているのもポイントです。

ゾンビが襲い掛かって来る時の擬音がキシャアなんです。

青山先生は大のガンダムファンでありコナンの作中にもガンダムネタはいくつも見られます。

そして務武の息子である赤井秀一はシャアがモデルである事は有名な話。

ゾンビ事件のFileナンバーと擬音は脇田の正体はMI6であり秀一の父親であるとすると合点がいきます。

また「屋根裏密室事件」ではこんな台詞も。

脇田「そいつは「ATTIC」!屋根裏部屋の事でやんすよ!」

これは脇田が英語に精通している伏線と考えていいと思います。

そもそもRUM候補3人はアメリカで発生した羽田事件に何らかの形で関わっている事が分かっています。

3人とも英語が話せる方がむしろ自然です。

また私が伏線の可能性を考えているのが次の台詞です。

「アッシにゃーこっちの暗号の方がトンチを利かせなきゃ解けねぇ難問に見えやすけど…」

脇田が「トンチ」の単語を持ち出すのはこれが初めてではありません。

「こいつァトンチが…利いてるねぇ…」 92巻

 若狭留美の名前に反応した時の脇田の言葉です。

トンチと言えば一休さん。数字にすると193。

これも脇田と繋げて描かれている「ゾンビが囲む別荘」のFile931と同様にMI6に変換できる数字です。

脇田が口にした「トンチ」も彼の素性がMI6である事の示唆かもしれません。

 

◆「迷宮カクテル」の伏線

私が脇田の正体を考察する上で欠かせないエピソードと考えているのが「迷宮カクテル 95巻」です。

このシリーズ1話目の扉絵はコナンが蘭に左目を塞がれている事からRUM候補3人の中で唯一左目が義眼の疑いがもたれている脇田の人物像に迫る伏線の事件と考えています。

扉絵だけではありません。

この事件は脇田の初登場時の「江戸っ子探偵!?」と内容が非常によく似ているんです。

「迷宮カクテル」と「江戸っ子探偵!?」の2つの事件の共通点が以下の通り。

■財布が奪われる

スマホを2台持っている人物の登場

■袖口が汚れた人物

■視力に問題を抱えた人物が肝心な時に眼鏡を外している

■店のイメージと異なるメニューが豊富にある

さらにキャラクターの台詞も類似しています。

蘭「でも今日は散々だなー…」

コナン「散々って?」

小五郎「くそォ!今日は色々ついてねぇぜ…」

コナン「色々って?」

上が「迷宮カクテル」下が「江戸っ子探偵!?」です。

確かに小五郎はツイていない事の連続でしたが蘭はそうでもありませんでした。

その蘭に「散々」と言わせる事でこの2つの事件の関連性について読者にヒントを与えているのだと思います。

ここで注目なのが「迷宮カクテル」の登場人物の名前です。

諸岡蔵(依頼人

惇史(諸岡の執事)

上紗菜(店員)

朝倉里(店員・被害者)

このようにエリアが名前の由来になっている事が分かります。

エリアと言えば赤井家を象徴するワードです。

 赤井「消えろ!!この場(エリア)から今すぐに!!」 35巻 

(逃げろ このエリアは危険だ ) 67巻

「ここから先はこちらのエリアだ…」 77巻

 

世良「ここから先は、ボクらの領域だから…」

 

 メアリー「私の事を尋ねてきたらこう答えなさい…領域外の…妹だとな…」 83巻

事件が起きたのは「黒ウサギ亭」。

登場人物の名前は店名に合わせて動物の名前を入れた方がしっくりくるというものです。

ここでエリアを利用したのは意味があると考える事は十分可能です。

また登場人物の出身地が強調されているのも気になる点です。

店員A「(諸岡は)女の人と駆け落ちして鳥取県に住んでいたそうです…」

店員B「有里ちゃんの田舎も鳥取で…」「紗菜ちゃんの実家も鳥取だったような…」

店員C「ええ…彼女は隠しているみたいだけど…」

これらはエリアというワードを際立たせる狙いがあるのではないでしょうか。

気になると言えば容疑者のある一言にも注目しています。

 村上「お父ちゃんはそんな簡単に死にゃーせんよ…ウチと同じしぶとい赤い血が流れとるけぇな…」

◆「父は簡単には死なない」=生死不明の赤井務武は死んでいない。

◆「ウチと同じ」=血縁関係。

◆「赤い血」=赤井家。

このように務武、及び赤井家を暗示しているのかもしれません。

店員Cの「隠してる」という言葉も何らかの理由から務武が生存している事を伏せている事の伏線だとすると面白いですね。

「迷宮カクテル」は脇田兼則の正体に迫る伏線が散りばめられた事件であり彼の正体は赤井務武であると解釈する余地は十分あると思います。

 

◆脇田は蘇った死者?

脇田はゾンビと結び付けて登場していますが他にも脇田を語る上で欠かせないワードがあります。

それが幽霊です。

「裏切りのステージ 90巻」に登場する3人の容疑者はそれぞれがRUM候補の3人を意識して作られたキャラクターです。

布施は黒田、円城は若狭、梶谷は脇田を意識したキャラクターに間違いありません。

断言できる理由として布施はそれほど重要度が高いとは言えない大柄という設定がありました。大柄と言えば黒田です。

また円城の外見は若狭を連想させるものです。

そして彼女が連行されるコマは「仲の悪いガールズバンド 88巻~89巻」の犯人が連行されるコマに酷似しています。

「仲の悪いガールズバンド」の犯人の名前は留海。

連行シーンや名前だけでなく眼鏡をかけているという点も円城と留海の共通点です。

外見以外の情報からも作者が円城と若狭を重ねている事が読み取れます。

そして梶谷ですがチョビ髭に喧嘩っ早い口調ですから必然的に脇田の枠という事になります。

脇田を意識して作られた彼はこのような台詞を口にしています。

梶谷「俺は、登山部の幽霊部員だったけど…」

「言っただろ?幽霊部員だって…」

犯行にロープが使用された事から登山経験者である彼が疑われる流れになる意味での台詞であれば納得がいくのですが二度に渡り幽霊部員である事を強調する必要性は物語上皆無でした。

つまり脇田をイメージさせる梶谷に幽霊と発言させる事で脇田と幽霊を間接的に結び付ける狙いがあると考えられます。

そして「長野廃教会事件」ではこんな台詞があります。

小五郎「確かに悪い霊とか棲みついてそうだ…」

脇田「止めてくだせぇ…そういうの苦手なんですから…」 97巻

 さらに脇田のメイン回「屋根裏密室事件」でもこんな台詞があります。

小五郎「何かのインタビューで次は探偵役だって…」

ヨーコ「その幽霊が探偵なんです!」

脇田と幽霊というワードはゾンビ同様セットと考えていいでしょう。

ゾンビと幽霊はどちらも死者の蘇った姿と言えます。

脇田は蘇った死者である。そしてその正体は死んだとされている務武である。

このような考え方が出来そうです。

 

◆脇田と赤井秀一の類似点

実は脇田と赤井秀一は類似する部分の多いキャラクターです。

外見からは想像もつかないかもしれませんがよく見るとこの2人の行動はよく似ているんです(笑)。

 

■料理

秀一は死を偽装し沖矢昴として生活するようになってから料理をするようになりました。

脇田は料理をしている描写こそありませんが寿司屋に勤める事が出来るのですから当然非常に高い調理のスキルを持っているはずです。

実は沖矢の台詞の中に脇田を連想させるものがあります。

「一流の板前さんとまではいかないが…家庭料理程度なら…」 

板前と言えば思い浮かぶのはやはり脇田です。

この沖矢の台詞は64巻。脇田の初登場は92巻。

この時点で脇田と秀一が親子という伏線を張っている事を疑問に思う方もいるかもしれませんがこのブログで何度か綴っている通り脇田兼則という人物は伏線から紐解くと少なくとも63巻の時点では完成している事が分かります。

64巻に伏線があってもおかしくはありません。

 

■目的の人物に料理を介して接触

秀一はかつての恋人である宮野明美から妹の灰原を守るという願いを託されていると考えられます。

ですが彼は自分の素性を明らかにできない以上彼女に接触する為の手段が限られている。

その秀一は料理のお裾分けという形で灰原に接近しています。

そして脇田も小五郎に近づくために寿司を手土産に探偵事務所を訪問しています。 

 

■帽子

秀一のトレードマークと言えばニット帽。

帽子を被っているのは父である務武の影響と明かされています。

そして脇田は勤務するいろは寿司では常に帽子を被っています。

また「長野廃教会事件 97巻」では私服姿でしたがこの時もハンチング帽を被っていました。

このハンチング帽は務武の容姿が初めて明かされた92巻で務武が被っていたものと非常に似ています。

形状だけでなく使用されているトーンが同じですから同一と言っていいレベルです。

ハンチング帽のデザインが似通るのは特別視する必要はないとも言えます。ですが意図して似せている事も完全否定はできません。

脇田が務武と同じ帽子なのはこの2人が実は同一人物である事の伏線。

そして脇田も秀一も帽子を愛用するのはこの2人が親子である証なのかもしれません。

 

■2人とも変装をしている

脇田の正体が務武なら彼は変装を施している事になります。

事実脇田は間違いなく変装をしています。

彼は小柄な印象を与えがちですが足腰を曲げて自分を小さく演出しているに過ぎません。

脇田は本来の身長が特定できない場面になるといつも曲げている足腰をピンと伸ばしています。(例:コマに脇田しかいない。脇田以外の人物は座っている等)

身長を偽る人物が顔を偽っていない訳がありません。

脇田の現在の外見は素顔ではない事は間違いないでしょう。

秀一は死を偽装死沖矢昴という人格を作り上げ変装をして生活しています。

脇田が変装をしているのは間違いありませんからこの点は脇田と秀一は完全に一致していると言えます。

 

◆務武はなぜ生存を隠すのか

仮に脇田=務武ならなぜ生存を隠すのでしょうか。

「いいか、この先、私はいないものと思え…どうやら私はとんでもない奴らを敵に回してしまったようだ…」 92巻

務武が残した別離のメールです。

相手の強大さを理解し、なんとしても家族を守り抜くと決めた務武なら家族と連絡を取らないという選択も十分にあり得るでしょう。

そして息子の秀一は務武のスピリットを強く受け継いでる人物。

その彼は家族や仲間を守りたいという強い思いと愛情、優しさ、そして敵に立ち向かい勝利するという決意から母と妹にも生存を明かしていません。

彼が自身の生存を伏せるのは覚悟の表れと言えます。

秀一の生き方が務武の歩んできた人生をそのままなぞっている可能性はそれなりに高いのです。

 

私は当初は務武が生きていたとしても脇田ではないと考えてきましたがここにきて私の中では脇田=務武と考えられる材料が集まってきている感じです。

 

脇田は何者なのか、そして務武は生存しているのか。

これらの答えは今後作中で確実に伏線が張られていくはずです。

巧妙な伏線になる事は間違いありませんが丁寧に拾い上げていきたいですね。

▼務武の生存の可能性について

▼脇田はRUMではないという伏線のまとめはこちら

▼考察チャンネルはこちら

Twitterはこちら

ぽちっが励みです(*^▽^*)


 にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ

務武の生存の可能性を探る

f:id:hayama0-0:20200911062613j:plain

メアリーの夫であり赤井秀一、羽田秀吉、世良真純3兄妹の父親である赤井務武。

生死不明とされている務武ですが結論から述べれば彼は生存している可能性が高いと思います。

今回は赤井ファミリーの存在から務武の生存の可能性を読み解いていきます。

ベルモットの行動から見えてくる務武の生死

まず務武生存の可能性をベルモット視点で見てみましょう。

ベルモットは務武に成りすましMI6への潜入を目論んでいます。

彼女は世良の存在こそ知りませんでしたがそれでも彼女の務武の変装はMI6の注意を3年引き続ける程のレベルでした。

容姿だけでなく口調も務武そのものだったと言えるでしょう。

つまりベルモットは務武とただの顔見知り程度の付き合いではなかったはずです。

務武をよく知っているベルモットが務武はMI6に復帰しないと判断しているのであれば必然的に務武は既に死亡している可能性が高まります。

ですが務武が息子の秀一のように死を偽装したという可能性は捨てきれません。

かねてより赤井ファミリーは務武からの影響を強く受けているのが見て取れます。

偽装死した息子の生き様は父、務武のかつての選択そのものなのかもしれません。

 

◆赤井ファミリーの存在意義

私が務武が生存している可能性が高いと考える大きな根拠が赤井ファミリーの存在にあります。

赤井ファミリーはそれぞれが務武のパーツの一部を持っています。

1人ずつ具体的に見ていきましょう。

 

まずはメアリー。

彼女は務武の口調をそのまま真似ています。

これは彼女が務武に代わり父親の役目を担うという10年前の決意の表れです。

同時に彼女が務武の口調で発言するのにはもう一つ非常に大きな意味があります。

それは読者に赤井務武という人物について推理させる事。

事実読者はメアリーの口調と口癖などから務武の人物像を探っている状態。

そして彼女は務武と同じくMI6の一員でもあります。

メアリーは務武の妻であり、そして務武の存在の一部分を切り取って誕生したキャラクターと言えます。

 

次に長男の赤井。

彼は截拳道の使い手ですがこれは父である務武の影響です。

また赤井が喫煙者である事や帽子を被るのも務武の影響だそう。

さらに赤井の口癖である「50:50」も本来は務武の口癖でありそれが赤井にも移っている事がメアリーの口から明かされています。

赤井の中にも務武の一部がしっかりと組み込まれています。

 

そして次男の秀吉。

彼は3兄妹の中で唯一外見が父親似の人物です。

98巻で犯人にあっさりと監禁されてしまった事から身体能力や危機管理能力は高いとは言えません。

しかし彼は作中屈指の優れた推理力の持ち主として存在感を放っています。

務武は非常に卓越した推理力を持っている事が作者の口から明かされています。

秀吉の外見や高い推理力は務武譲りと言えます。

 

最後に長女の世良。

務武が姿を消してから誕生した為彼女は務武と面識はありません。

その世良ですが赤井の影響で截拳道を習得ていますし、探偵になったのも赤井の影響。

つまり世良は間接的に務武の影響を受けているわけです。

これは父親である務武が彼女の中で生きている事を意味しています。

 

このように赤井ファミリーはそれぞれが務武のピースを持っています。

そして赤井ファミリーが持つそれらのピースを組み合わせる事で赤井務武というパズルが完成するんです。

裏を返せば作者は赤井務武の人物像を非常に細かなところまで設定している事になります。

それぞれが持つ独自のピースから務武の素性を読者に推理させているにも関わらず実はその務武は既に死んでいたという結末は釈然としないものがあります。

赤井家の存在そのものが赤井務武の生存の示唆と取る事は十分可能なはずです。

 

◆メアリーは務武の死を受け止めきれていない

務武の生存の可能性は「さざ波の魔法使い 92巻」のあるコマからも読み取る事ができます。

メアリー「主人が死ぬ前…この安全な国に私達を送った時に言った言葉を…「いいか、この先、私はいないものと思え…どうやら私はとんでもない奴らを敵に回してしまったようだ…」—っていうあのメールをね…」

こう語る彼女の背景に務武からのメールが表示されたスマホが確認できます。

このメールですが、実は奇妙と言えるんです。

何故なら務武がメアリーに別離のメールを送信したのは17年も前の事。

17年前と言えばまだスマホは普及していませんでした。

コナンの世界においてもそれは同様のはずです。

つまり務武はメアリーのスマホにメールを送っていないはずなんです。

ではなぜ務武のメールが表示されたスマホが登場したのか。

時代背景を考えれば務武はメアリーのガラケーやパソコンにメールを送信しています。

その務武からの最後のメールをメアリーが消去する覚悟がなかった為にそのメールをスマホに大切に保管していると考える事ができます。

メアリーが務武からのメールの消去ができなかったという事が務武の生存の可能性を高めていると言えるんです。

なぜならメールを消去しないというメアリーの判断はコナンの作中における「正しい死者の扱い方」が出来ていないと考えられるからです。

 

ではコナンの作品における正しい死の受け入れ方とはどのようなものなのか。

高木「ダメですよ忘れちゃ…」「それが大切な思い出なら忘れちゃダメです…人は死んだら、その人の思い出の中でしか生きられないんですから…」

かつての想い人で故人の松田を忘れられない苦しみを抱えた佐藤に向けた高木の言葉です。

この高木の言葉を受けて佐藤は松田からのメールを消去し、彼を心の中で生かす事ができるようになりました。(37巻)

また安室も同様に亡き友人の伊達からのメールを消去しています。(77巻)

 

「死者は残された人間の心の中で大切な思い出として生きていくべきである」

 

これがコナンの作中における正しい死の受け入れ方ではないでしょうか。

そして恐らくこの考えに反しているのが組織でしょう。

「我々は神であり悪魔でもある…なぜなら…時の流れに逆らって…死者を蘇らそうとしているのだから…」 37巻

コナンの世界では死者との思い出の大切さを読者に分かりやすく伝える手段の1つとしてキャラクターにメールの消去をさせているのだと思います。

つまりメールを消去できていないメアリーは「正しい死者の扱い方」というコナンの作中における重要な課題をこなせていない事になるんです。

 

同じく息子の秀一もかつての恋人である明美からのメールを消去していません。

FBIの話や赤井が明美からのメールを屋上で1人じっと見ていた事を考えるとやはり彼は明美の死を引きずっているのでしょう。

ですが彼の場合はいまだ明かされていない明美からのメールの続き、P.S.の内容が大きな意味を持っているはずです。

沖矢「車の中で待ちませんか?」

灰原「そうしたいのなら無理やり連れ込めば?」

沖矢「そんな無粋な真似はできませんよ…」

(彼女との約束なんでね…) 77巻

物語を見る限りP.S.の内容は妹の志保を守る事。

彼がこのメールを消去すれば明美との約束を反故した事になってしまいます。

赤井がメールを消去していないのは明美から彼に与えられ、そしてまだ完全に達成できていない任務がこのメールの中に含まれているから。

赤井の場合はメールを消去しないのが正解のパターンと考えるべきです。

ですが務武からメアリーに送られたメールと言えば「私はいないものと思え」という内容ですから本来なら消去が妥当。

死んだと考えているのであればなおさらです。

コナンの作中の基準から考えるとやはりメアリーは務武の死を正しく受け入れる事が出来ていないと言えそうです。

子供に「父は死んだ」と伝えていながら本人は夫の死を受け止め切れていない。

そのメアリーが自分の中にあるこの矛盾にケリをつける為には次の項目で記述している通り務武と再会するという可能性が高いんです。

 

◆自分を偽るメアリー

メアリー「行け秀一!その熱病でお前の命が尽きるまで…真実を覆い隠す霧を一掃しろ!!その代わり靄一つ残したら許さんぞ!!」

秀吉「どうしたの母さん?口調がまるでお父さんみたいだよ?」

メアリー「今日から私が父親代わりという事だ…」 92巻

 このような口調と抜群の身体能力から男勝りな印象を与えがちなメアリーですが実は彼女は非常に女性らしい人物と言えます。

メアリー「女の子なのにもぅ…鼻の下にチップスの塩が付いちゃってるじゃない!」 92巻

口調が現在の務武のものになる前に真純を注意した時の一言です。

女性らしさを大切にしている人物という事がよく分かる台詞ですね。

また彼女は来ている服やホテルの内装などかなりかわいらしいものが目立ちます。

愛用しているハンカチもこれでもかという程に女性らしさに溢れたデザインです。

メアリーは女性らしさを大切にしている人物。

中年の男性の口調で話すのは本来の彼女からかけ離れた姿と言えます。

このように現在のメアリーは自分自身を偽っている状態と言えます。

特に彼女は少女化している為口調だけでなく外見も偽りの姿です。

そもそも口調を真似るというのは自分を通して務武を生かすという事。

夫の死を心から受け止めきれていないからこその行動なんです。

メアリーの言動は死者との思い出を大切にする事が正解とされているコナンの作中において相応しいとは言えません。

彼女はいつかこの偽りの自分を脱ぎ捨て真の意味で本当の自分に戻らなければなりません。

そしてその手段は務武と再会するか務武の死を完全証明できる情報に接するかどちらかしかありません。

後者の務武の死の確認ですが実は既に死んでいました、なんて話だけをされても今更メアリーに大きな変化は生まれないでしょう。

務武が死んでいく様子がビデオに残っているとしてもこの手段は息子が使っていますから無いと考えるべきでしょう。

仮に残っていてもやはり偽装死を疑う展開にしかなりません。

既に務武が故人である場合、かれこれ10年本当の自分を押し殺して生きてきたメアリーに務武の死を納得させる材料を用意するのは難しいのではないでしょうか。

務武の遺体と対面すればもちろん話は違ってきます。

ですが先述の通り赤井ファミリーの存在を通して務武の人物像を読者に推理させている。それだけ務武には詳細なキャラクター設定がある。

それなのに務武は既に死んでいたという展開は好ましいとは言えないでしょう。

やはり務武は生存している可能性が高いと言えそうです。

赤井ファミリーの存在そのものが務武の生存の可能性をぐっと引き上げていると考えていいのではないでしょうか。

 

 ▼考察チャンネルはこちら

Twitterはこちら

ぽちっが励みです(*^▽^*)


 にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ